ホーム > Tips> Windows> Windows Updateが失敗した時一般的な対処方法

Windows Updateが失敗した時一般的な対処方法

Victoria

はじめに

Windows 10のアップデートに失敗して起動しなくなりました。ここ最近、そんな悩みを持つユーザーが多いようですよね。この場合どうすればよいでしょうか?では、Windows Updateが失敗した時一般的な対処方法をわかりやすく説明します。

Windows Updateが失敗した時の対処法とは

対処法1:クリーンブートを実行してみる

Windows Updateが失敗する問題を解決するには、まずクリーンブートを実行してみましょう。手順は以下のようになります。

手順:パソコンのスタートメニュー msconfig から、サービス→Microsoftのサービスをすべて隠すにチェックします。また「すべて無効 」→ 「OK 」→「再起動」の順にクリックしてください。

おすすめ記事:「Windows 10」iPodからiTunesに曲をコピーする

対処法2:Windowsのシステム修復をしてみる

Windows Updateが失敗した時、Windowsのシステム修復をしてみるのも一つの手です。以下の手順を行ってください。

Step 1:まずパソコンのスタートメニューから、コマンドプロンプトを起動させます。

Step 2:それから、sfc /scannowと入力します。

Step 3:すると、システムファイルの整合性チェックが開始されました。この時不整合が発見されると、自動的に修復されることができます。

Step 4:最後は、正常に終了するとこのようなメッセージが出ます。

おすすめ記事:Windows更新プログラムの問題について

対処法3:SoftwareDistributionを削除する

Windows Updateが失敗した場合、SoftwareDistributionを削除してから直すケースがあります。なので、以下の手順で対処してください。

Step 1:コントロールパネルの管理ツール、サービスからWindows Updateのサービスを停止します。

Step 2:C:「\Windows\SoftwareDistribution\DataStore\」と「C:\Windows\SoftwareDistribution\Download\」を削除します。

Step 3:そうすれば、Windows Updateサービスが開始されます。

おすすめ記事:「Windows」バージョンの確認

最後に

以上、Windows Updateが失敗した時一般的な対処方法まとめです。Windowsを使うユーザーはぜひご覧くださいね。少なくとも役に立つと思います。最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事