ホーム > Tips> Apple Watch> Apple Watchって何ができる? – 機能まとめ

Apple Watchって何ができる? – 機能まとめ

Cindy

はじめに

高級デジタル時計としてApple Watchのできることは?また、iPhoneがないと使えませんか?って思う方がかなりいます。iPhoneがないと使えませんか?Apple Watchを購入した後、どうすれば効率的に利用できますか?そして、Apple Watch Series 3の発表のとともに、魅力な新機能を追加して、体験したい人は多くいるでしょう。 では、いったいどんな機能があるの?ここでは、Apple Watchの13個の機能をまとめておきます。

Apple Watchのできること – 13個の機能まとめ

Apple Watchの大部分の機能を使うには、iPhoneとペアリングする必要があります。BluetoothとWi-Fiで通信し、Apple Watch版アプリをダウンロード(同期)して、iPhoneの通知を確認したり、メッセージを送れたり、着信したりする複数の機能を利用できます。

1.健康管理

Apple Watchでは「アクティビティ」と「ワークアウト」この2つのアプリよって、自分の健康情報を簡単に管理できます。運動が好きなな方にとって、非常に便利です。

(1)アクティビティ

Apple watchの「アクティビティ」アプリを使って、1日の運動を記録できます。

ムーブリング(ビンク):1日の運動に消費したカロリーの達成度
エクササイズリング(緑):早歩き以上の運動をした運動時間の達成度

スタンドリング(水色):1日で1時間に1分以上立っていた回数の達成度

それぞれのゴールが自分で「アクティビティ」アプリで調整&提案できます。そして、Apple Watch Series 3は運動中で励ましたり、ゴールを達成したらお祝いしたりすることができます。

 

健康管理

Apple Watchでできること-1

(2)ワークアウト

「ワークアウト」アプリで運動時間、タイプ、距離など具体的なゴールを設定して、達成度を追跡できます。腕を上げると、ゴール達成度、移動距離、消費したカロリー、心拍数などを確認できます。またApple Watch Series 3でワークアウトを開始すると、自動的におやすみモードをオンにして、電話やメッセージなど自動的にブロックします。

2.時計

以前のApple Watchは高級デジタル時計として、10種類の文字盤が搭載されていて、自分の好みでカスタマイズできます。また、アラームとタイマーを設定でき、ストップウォッチを使って簡単に時間を計ることができます。アラーム機能は、設定した時間になると本体が振動します。タイマー機能は、料理などを作る際に、非常に役に立ちます。

最新のApple Watch Series 3はSiriの文字盤、トイ・ストーリーの文字盤、万華鏡の文字盤を追加します。多彩な文字盤でどれもカスタマイズ自由にできます。

時計

Apple Watchでできること-2

3.道案内

Apple watchには「マップ」App が搭載されています。自分の居場所を表示されたり、近くの場所を探したり、目的地を検索することができます。Siriを使って、音声で目的地などを入力すると、すぐ検索します。また、ルート経路を案内してくれます。

道案内

Apple Watchでできること-3

4.iPhoneの通知を確認できる

ペアリングしているiPhoneの通知がすべてApple watchに来るので、iPhoneを持っていなくても、LINE、Twitter、Facebookなどからの通知を受け取れます。iPhone側で通知されるアプリの設定ができるので、必要がアプリだけ通知をオンにします。また、Apple watchから返事の必要がある場合、iPhoneで返事を書き、または音声入力やApple watchに保存されている絵文字を送って返事できます。

iPhoneの通知を確認できる

Apple Watchでできること-4

5.メッセージの送受信

iPhoneとペアリングしてから、iMessage を使ってメッセージが来ると、Apple watch本体が振動で知らせます。腕を上げるとメッセージが見られ、下ろすと消えます。また、返信しようとすると、メッセージを入力できないのが、定型文でまたはSiriを使ってメッセージを送れます。

メッセージの送受信

Apple Watchでできること-5

6.電話の受ける/かける

Apple watchで電話を受けることとかけることができます。他人から電話が来ると、手首を上げる、発信者を確認できます。「応答」をタップすると、Apple watchで通話できます。また、メッセージで返信したり、iPhoneで応答したりすることも選択できます。電話を応答したくない場合は、手で時計を覆うだけで着信が止まされます。

電話の受ける

Apple Watchでできること-6

ご注意:Apple Watch Series 3はiPhoneがそばになくてもApple Watch単体で通信をすることができます。

7.カレンダーとリマインダー

iPhoneで作ったすべてのカレンダーとリマインダーがApple watchに同期できる一方で、Apple watchにも新しいカレンダーとリマインダーが作れます。Apple watchの「カレンダー」アプリには、今日と今後 1 週間に予定されているイベンが表示されます。出席やイベントが多い方にとって、非常に便利です。

カレンダーとリマインダー

写真元:simpleguide

8.音楽の再生

「ミュージック」アプリを使うと、Apple watchでiPhoneの音楽を再生できます。曲の再生、一時停止、送りなどの基本的なことはもちろん、iPhoneからプレイリストをApple watchに転送しておけば、Bluetoothを使って、Apple watchで直接に音楽を楽しみます。Apple Watch Series 3であれば、複数のプレイリストを自動的に同期して、もっと多くの音楽を保存することができます。

音楽の再生

Apple Watchでできること-8

9.Apple Pay機能

Apple Watch Series 2では、Apple Payが搭載されていますから、Apple Watchで手軽に料金の支払いやSuicaを使って公共交通機関の利用が可能です。しかし、Apple Watch Series 2のユーザーから「Apple Payがうまくできない」、「反応しない」、「エラーが多い」という声もあります。

Apple Pay機能

写真元:trendy.nikkeibp.co.jp

10.天気を確認できる

Siriに尋ねると、すぐ現在の天気を確認できます。また、Apple Watchの文字盤をカスタマイズして、「天気」アプリを追加すると、文字盤に直接天気を確認できます。

天気を確認できる

写真元:Engadget

11.カメラリモート機能

Apple Watchの「リモートカメラ」は、Bluetoothを通じてiPhoneカメラをコントロールできます。アイコンはiPhoneと同じですが、Apple Watchで自分の写真を確認しながらシャッターを押せます。記念撮影などには適用です。ただ、Bluetoothの届く範囲は約9メートルで、また、撮影する時iPhoneを固定しておく必要があります。

カメラリモート機能

写真元:simpleguide Apple Watchでできること-11

12.株価を追跡する

Apple Watchで「株価」アプリを利用すると、音声でSiriに尋ねてiPhone上追っている関心の銘柄の情報を表示できます。

株価を追跡する

Apple Watchでできること-12

13.Siri

Apple Watch Series 1/2でSiriは話せません。しかしApple Watch Series 3には初めてSiriが話せるようになっています。なのでApple Watch Series 3でスピーカーやワイヤレスヘッドフォンを通じて、経路案内などをSiriの声で聞くこともできます。

最後に

以上は、Apple Watchでできることのまとめです。iPhoneに中毒している方にとって、Apple WatchでiPhoneのすべての通知を確認でき、非常に便利です。また、Apple Watchのもう1つの注目機能―健康管理は、スポーツが好きな方にとって、実用的です。

おすすめ記事:

Apple Watchを充電する方法

知ってると便利!Apple Watchを活用する方法

Apple Watch、38mmと42mmどっちを選ぶ?

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事