ホーム > Tips> iOS 11> App Storeでアプリがダウンロードできない時の対処法

App Storeでアプリがダウンロードできない時の対処法

Cindy

はじめに

iPhoneをアップデートした後、何かの不明なエラーで、App Storeでアプリのダウンロードやアップデートができなくなった場合がよくあります。今回はiOS 11のアップデートも例外があります。この時、やきもきしているでしょう。では、どうしたらいいですか?

次は、App Storeでアプリがダウンロードできない時の5つの対処法を説明しておきます。

App Storeでアプリがダウンロードできない

iOS 11へアップデートしてから、App Storeからアプリがダウンロードできない状況がよくあります。この時は、以下の方法を参考して下さい。

1.App Storeからサインアウトしてサイインする

時には、App Storeに接続する人が多過ぎるから、サバーの可能接続数を超して、アプリのダウンロードができなくなります。サインアウトとサイインを何回繰り返してみよう。

2.iPhoneのストレージを確認する

App Storeでアプリのダウンロードができない時、iPhoneの空き容量を確認して下さい。iPhoneストレージがいっぱいになった場合、アプリはダウンロードできない可能性が高いです。

Step:「設定」 >「一般」 >「ストレージとiCloudの使用状況」の順でタップします。「使用可能」でiPhoneの空き容量を確認します。

iPhoneの空き容量を確認する

App Storeでアプリがダウンロードできない

おすすめ記事:4つの方法からiPhoneの容量不足を解消する

3.iPhoneを再起動する

一時的なエラーでApp Storeでアプリがダウンロードできない際に、iPhoneを再起動して下さい。

4.しばらく待っておく

Wi-Fi環境が悪い場合は、しばらく待ってから、App Storeにサイインして下さい。もし、「App Store」アプリ側に問題があると、一日後再ダウンロードした方が良いです。

5.iTunesからダウンロードする

以上の方法を試しても、iTunes Storeからアプリをダウンロードして、iPhoneと同期してください。

最後に

iPhoneをiOS 11アップデートしてから、App Storeでアプリがダウンロードできない原因が様々あるといえよう。できるだけ、以上の方法で対処してみよう。

また、不明なエラーでApp Storeに接続できない場合には、この記事は参考になれると思います。

おすすめ記事:

iOS 11でiPhoneの動作が重い?14の方法から軽くする

「更新中」iOS 11のアップデートによる不具合と対策まとめ

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事