ホーム > Tips> iOS 11> 【iOS 11】4つの方法でiPhoneのアップデート時間を短縮する 

【iOS 11】4つの方法でiPhoneのアップデート時間を短縮する 

Louise

はじめに

iTunesでiPhoneをiOS 11へアップデートするとか、iPhoneからiOS 11へアップデートするとか、一般的には10分ほど完了できますが、2、3時間までかかることもあります。iOS 11へのアップデート時間が長すぎる際に、イライラしているのでしょう。では、どのように高速的に、iOS 11へアップデートできますか?

そこで、4つの方法を紹介して、お使いのiPhoneのアップデート時間を短縮します。

5つの方法でiPhoneのアップデート時間を短縮するには

iPhoneをiOS 11へアップデートする際に、以下の方法で対処すれば、アップデート時間が大幅に減らせて、高速的にアップデートできます。早めに、iOS 11を楽しむように、以下の対策法を見てみましょう。

5つの方法でiPhoneのアップデート時間を短縮する 

写真元:Mac Rumors iOS 11アップデート時間が長い-短縮する方法

1.良好なWi-Fi環境

iPhoneをアップデートするには、まず、安定また高速なWi-Fi環境が第一です。良好なWi-Fi環境では、iOS 11をダウンロードまたインストールする時間を短縮できます。もし、Wi-Fi状態が良くないと、「アップデートを確認中」などのエラーがよく発生し、iPhoneのアップデートが進まない・終わらないのです。

2.iPhoneの空き容量を増やす

iPhoneストレージの空き容量が不足場合、iPhoneの動作が重く・遅くなって、iOS 11をダウンロードしてもインストールにかかる時間が長いです。更に、「アップデートをインストールできません」エラーを引き起こす可能性もあります。できるだけ、iPhoneの不要なデータをすべて削除して、iPhoneストレージの空き容量を増やします。また写真やビデオ重要なデータを事前にバックアップしておく方が良いです。

3.深夜でアップデートしよう

iOS 11がリリースされ後、アップデートしたい方が多い為に、iOS 11をダウンロードまたインストールするスピードが遅くなる可能性があります。そして、アップデートするときに、連絡などもできないので、夜中にアップデートするのが一番です。

4.配信後すぐにアップデートしない

iOS 11ソフトウェアアップデートが配信された後、すぐにアップデートしない方が良いです。iOS 11が配信された後、アップデートする人がかなりいるので、アップデートサーバーが混んでるだけです。iOS 11のダウンロードもインストールのスピードも遅くなるかもしれません。

また、iOS 11が配信された後、不具合が起きるケースが多いです。今回のiOS 11にアップデートした後、電池の減りが激しい、アプリが急に落ちるなどの不具合が発せしています。できれば、しばらく様子を見てアップデートするのがお勧めです。

最後に

つまり、iPhoneをiOS 11へアップデート時間を短縮したいと、まず、良好なWi-Fi環境とiPhoneストレージの空き容量が必要です。また、iOS 11が配信された後、すぐにアップデートしないでください。その他、アップデートにかかる時間が長すぎる場合、iTunesからアップデートまたなるべく夜中でiPhoneをアップデートします。

以上の方法で対処したら、iOS 11へのアップデート時間がきっと短縮できるでしょう。

おすすめ記事:

「アップデートを検証できません」エラー

iPhoneをアップデート前に5つのやるべきこと

iPhoneが重い?14の方法から軽くする

iOS 10.3.1/10.3.2/10.3.3を脱獄する方法

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事