ホーム > Tips> iCloud> iCloudカレンダーを共有する二つの方法

iCloudカレンダーを共有する二つの方法

Louise

はじめに

カレンダーを共有すると、ほかのユーザもそのカレンダーを表示でき、イベントの追加や変更も可能になります。家族のメンバー、会社や学校の仲間、また友達の間にスケジュールをチェックできますので重要な役割を担っています。では、iCloudカレンダーの共有はどうすればいいのか?このガードはiCloudカレンダーを共有する二つの方法をご紹介します。

iCloudカレンダーを共有する二つの方法

方法一: iPhoneでiCloudカレンダーを共有する

Step1: 「カレンダー」をタップする > 共有したいイベントをタップする > 「編集」をタップします。

iCloudカレンダーを共有する二つの方法-1.共有したいイベントをタップする

iCloudカレンダーを共有する二つの方法-1.共有したいイベントをタップする

Step2: 「予定出席者」をタップする > 「宛先」に相手の連絡先を入力する > 「完了」をタップします。

iCloudカレンダーを共有する二つの方法-2.「宛先」に相手の連絡先を入力する

iCloudカレンダーを共有する二つの方法-2.「宛先」に相手の連絡先を入力する

方法二: iCloud.comでiCloudカレンダーを共有する

Step1: iCloud.comを開く > iCloud IDとパスワードでサインインします。

Step2: 「カレンダー」をクリックします。

Step3: 共有したいイベントをダブルクリックする > 「参加者」に相手の連絡先を入力する > 「OK」をクリックします。

iCloudカレンダーを共有する二つの方法-3.「参加者」に相手の連絡先を入力する

iCloudカレンダーを共有する二つの方法-3.「参加者」に相手の連絡先を入力する

最後に

以上はiCloudカレンダーを共有する二つの方法です。もし同じ問題があれば、この二つの方法を使ってみてください。この記事がお役に立ったら、「いいね!」「シェア」してくれると嬉しいです。

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事