ホーム > Tips> iTunes> 復活できる!iTunesから曲が消えてしまった時の対処法

復活できる!iTunesから曲が消えてしまった時の対処法

Tan

初めに

iTunesアップデートした不具合やパソコン内部の設定を変更するなどの原因で、iTunesライブラリに保存している曲が消えたことが時々発生します。その時には、消えた曲を復活したいんでしょう?では、どうすればiTunesから消えてしまった曲を復活できますか?この文章は、iTunesライブラリから消えた曲を復活する方法を二つご紹介します。どうぞご参考ください。

方法1:

この方法は曲名を残っている場合にのみ適用されます。

Step1:iTunesを立ち上げます >  iTunesメニューバーの「ファイル」を選択します > 「ファイルをライブラリに追加」をクリックします。

iTunesから曲が消えたには - 消えた曲を追加する

Step2:消えた曲のフォルダを探し出して、曲を選択します > 「開く」ポタンを選択して、曲をiTunesライブラリに入ります。

iTunesから曲が消えたには - 消えた曲を選択する

iTunesから曲が消えたには – 消えた曲を選択する

Tip

消えた曲の保存場所が分からない場合には、パソコンの検索機能を使って、曲を探し出すことができます。

方法2:

この方法はすべての曲がなくなった場合にのみ適用されます。

曲を削除したことがありませんが、すべての曲がなくなっていました。

ステップ1:iTunes を終了します。

ステップ2:iTunes ライブラリファイルが入っている「iTunes」フォルダに移動します。

Windowsで「iTunes」フォルダの探す方法は、ユーザー > ユーザ名 > ミュージック > iTunes です。

ステップ3:「iTunes Library.itl」ファイルをデスクトップにドラッグします。

ステップ4:「iTunes」フォルダで、「Previous iTunes Libraries」フォルダを開きます。

ステップ5:曲が消えた前に、最後にiTunesをアップデータした日付のファイルを探します。(例:2017年2月11日にiTunesをアップしたら、「iTunes Library 2017-02-11」ファイルを探してください)

ステップ6:探し出すなら、「iTunes」フォルダにアップデータした日付のファイルをコピーして、フォルダの名前を「iTunes Library.itl」に変更します 。

ステップ7:すると、iTunesを起動して、消えた曲が復活できました。

最後に

以上はiTunesの音楽が消えた場合の対策です。いかがでしょうか?自分の状況に応じて、以上の二つ方法から選択して利用してください。そして、もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

見逃せない記事:

やさしい!iTunesの保存先を変更する

【iTunes】不明なエラーで同期できない

エラーが出てきて、iTunesでバックアップできない場合

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事