ホーム > Tips> iPhone> iPhoneユーザー必見!App Storeが遅い時の対処法

iPhoneユーザー必見!App Storeが遅い時の対処法

Louise

はじめに

iPhoneを利用する際に、App Storeで欲しいアプリを自由に検索したり、簡単にインストールしたりして、iPhoneをより良く楽しめます。でも、ネットワーク環境、ダウンロードしているソフトウェア、Appleのサーバーサイドなどの影響で、App Storeが遅いと感じる人が多いでしょう。そういう場合は困りますね。それでは、これ以上悩まないように、今日はApp Storeが遅い時の対処法を詳しく説明します。

App Storeが遅い時の対処法

対処法1:iPhoneを再起動する

Step 1:電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」をクリックします。

電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」をクリックします

App Storeが遅い時の対処法1-1

Step 2:再び電源ボタンを押して、iPhoneを再起動します。

対処法2:Apple IDをサインアウトしてからサインインする。

Step 1:「設定」>「ユーザ名」>「iTunesとApp Store」>「Apple ID」>「サインアウト」の順にタップします。

「設定」>「ユーザ名」>「iTunesとAPP Store」>「Apple ID」>「サインアウト」の順にタップします

App Storeが遅い時の対処法2-1

Step 2:「サインイン」>「Apple ID」と「パスワード」を入力してサインインします。再びApp Storeにログインしてみったら、App Storeが遅い問題が解決できるかもしれません。

「サインイン」>「Apple ID」と「パスワード」を入力してサインインします

App Storeが遅い時の対処法2-2

対処法3:無線LANルーターを再起動する

App Storeが遅い場合は、iPhoneの不具合が原因とは限りません。WLANネットワークが問題になる可能性もあります。その時は、無線LANルーターの電源を切ってから再び入れて、App Storeに入ってみましょう。App Storeが遅い現象がなくなるでしょう。

対処法4:ほかのアプリをダウンロードしてみる

App Storeが遅い時は、ほかではなく、ダウンロードしているソフトウェアに問題があるかもしれません。そのときはほかのアプリをダウンロードしてみて、うまくいけるかどうかを確認します。

対処法5:端末のメモリを解放する

手順:電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」のメッセージが出たら、ホームボタンを長押しします。iPhoneはホーム画面に戻ってから、メモリ解放が完了です。

対処法6:DNSの設定を変更する

Step 1:「設定」>「WLAN」の順にタップして、接続しているWLANネットワークの詳しい情報をチェックします。

「設定」>「WLAN」の順にタップして、接続しているWLANネットワークの詳しい情報をチェックします

App Storeが遅い時の対処法3-1

Step2:「DNSを構成」>「DNSサーバ」でいずれかのDNSサーバに変更します。

DNSを構成」>「DNSサーバ」でいずれかのDNSサーバに変更します

App Storeが遅い時の対処法3-2

最後に

以上はApp Storeが遅いときの対処法です。いかがですか。App Storeが遅いときの対処法を探している皆さんは是非オススメの方法を試してください。それで、また色々なアプリを楽しめますね。もしこの記事に共感を持ったら、シェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事