ホーム > Tips> iOS 11> 【iOS 11】LINEがエラーでメッセージが送れない時の対策

【iOS 11】LINEがエラーでメッセージが送れない時の対策

Victoria

はじめに

iOS 11にアップデートしたあと、LINEを送信するときの右端にある青い矢印を押しても反応しません!メッセージや写真だけでなく、 スタンプも送れないです。この場合、どうすれば送れるようになるのでしょうか?本記事では、6つの効果的な対策をご紹介します。ぜひご覧くださいね。

対策1:端末の電波状態を確認する

デバイスの通信環境は悪い場合、機内モードをオンにするとまたオフにしてください。そうすれば、電波状態が改善されます。またWi-FiをオンにしたあとLINEが送れないエラーがほとんど消えます。

手順:ホーム画面の下からスライドして機内モードアイコンをタップしてください。Wi-Fiをオフにしてから再度オンにすると再接続されます。

ホーム画面の下からスライドして機内モードアイコンをタップしてください

iOS 11でLINEが送れない場合の対策1

おすすめ記事:これで解決!LINEにログインできない場合の対処法

対策2:LINEアプリを再起動する

時々、LINEは突然不具合が起こるはずです。この場合、LINEアプリを再起動しましょう。以下の手順で対処してください。

手順:バックグラウンドでLINEアプリを削除して、一度LINEアプリを閉じて再度トーク画面を開く作業を行ってみて下さい。

バックグラウンドでLINEアプリを削除して、一度LINEアプリを閉じて再度トーク画面を開く作業を行ってみて下さい

iOS 11でLINEが送れない場合の対策2

対策3:端末の再起動をする

LINEがエラーでメッセージが送れない時、デバイスを再起動することも一つの手です。そこで、iPhoneを再起動してLINEを使ってみましょう。手順は以下のようになります。

手順:デバイスの電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」を横にスライドしてください。また電源ボタンを長押してiPhoneを再起動すると、LINEが使えます。

電源ボタンを長押してiPhoneを再起動すると、LINEが使えます

iOS 11でLINEが送れない場合の対策3

おすすめ記事:iOS 11アップデートでLINEの反応・動作が遅い問題の対策

対策4:不要なアプリケーションを終了する

バックグラウンドアプリを終了したら、ほかのアプリのため起こる不具合が改善できます。この場合、いらないアプリを終了しても一つの方法です。

手順:ホームボタンをダブルクタップして、起動中のアプリを表示させて、使ってないアプリを上方向にスワイプしてください。

ホームボタンをダブルクタップして、起動中のアプリを表示させて、使ってないアプリを上方向にスワイプしてください

iOS 11でLINEが送れない場合の対策4

対策5:LINEを最新バージョンにアップデートする

iOS 11に対応できていないで、LINEがエラーでメッセージが送れないはずです。なので、LINEの最新バージョンをインストールする方法がオススメです。具体的な手順はこちらをご覧ください。

手順:デバイスのホーム画面から、App Storeを開けてLINEをアップデートすればOKです。

デバイスのホーム画面から、App Storeを開けてLINEをアップデートすればOKです

iOS 11でLINEが送れない場合の対策5

おすすめ記事:LINEがダウンロードできない場合の解決策

対策6:LINE側が解決・対応するまで待つ

LINEの利用者が集中する時間帯などはサーバーに負荷がかかり、LINEが使えない場合があります。このような場合は、LINE側が解決・対応するまで待つしかないようです。

最後に

以上はLINEでメッセージが送信できない時の対処法まとめです。もしそれでもダメなら、LINEの問題報告フォームにお問い合わせください。最後、この記事について、何か質問等ございましたら、遠慮なくメールでご連絡ください。

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事