ホーム > Tips> iTunes> iTunesの同期が遅いときの対処法

iTunesの同期が遅いときの対処法

Louise

はじめに

iTunesの同期機能を使ってiPhoneのデータを安全にバックアップできるし、必要なときにiTunesからバックアップデータも復元できます。また、iTunesから音楽やビデオなどのデータを同期したいときもあるんですね。その中で気になってくるのはiPhoneやiPadとiTunesの同期速度です。iTunesの同期が遅いと困るんです。では、ここで、iTunesの同期が遅いときの対処法をご紹介します。どうぞご参考ください。

iTunesの同期が遅いときの対処法

方法一: Wi-Fi同期機能を解除する

Step1: iTunesを開く > iPhoneやiPadをケーブルでパソコンと接続します。

Step2: 「iPhoneマーク」(iPadの場合は「iPadマーク」)をクリックする > 画面右下の「オプション」に「Wi-Fi経由でこのiPhone(iPad)と同期」のチェックを外す > 「終了」をクリックします。

iTunesの同期が遅いときの対処法-1.2「Wi-Fi経由でこのiPhone(iPad)と同期」のチェックを外す

iTunesの同期が遅いときの対処法-1.2「Wi-Fi経由でこのiPhone(iPad)と同期」のチェックを外す

方法二: 同期項目の数を調整する(音楽データを例として)

Step1: iTunesを開く > iPhoneやiPadをケーブルでパソコンと接続します。

Step2: 「iPhoneマーク」(iPadの場合は「iPadマーク」)をクリックする > 左側のメニューに「ミュージック」を選択する > 画面右側の「ミュージックを同期」をクリックします。

iTunesの同期が遅いときの対処法-2.2「ミュージック」を選択する

iTunesの同期が遅いときの対処法-2.2「ミュージック」を選択する

Step3: 「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」のチェックを入れる > 同期したい音楽データだけ選択する > 「終了」をクリックします。

iTunesの同期が遅いときの対処法-2.3同期したい音楽データだけ選択する

iTunesの同期が遅いときの対処法-2.3同期したい音楽データだけ選択する

方法三: ケーブルの状況を確認する

パソコンと接続するケーブルは、扱い方や経年劣化によって断線したり、接触不良があったりして同期の速度に悪影響を与える恐れがあります。

その場合に、ほかのケーブルを使ってみます。もし交換した後症状が改善するのであれば、新しいケーブルを買い直してください。

方法四: PCのUSB端子の状況を確認する

パソコンを長時間使っていると、USB端子が経年劣化で変形し、接触不良を起こして同期の速度に悪影響を与える恐れもあります。

その場合に、ほかのケーブルを使ってみます。もし交換した後症状が改善しないであれば、新しいUSB端子を交換したり、新しいパソコンを買い直したりしてください。

最後に

以上はiTunesの同期が遅いときの対処法です。もし同じ問題に悩んでいると、ぜひこの記事に提供された方法を試してください。この記事がお役に立ってれば、友達と共有してくれると嬉しいです。

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事