ホーム > Tips> iOS 11> iOS 11のアップデートでiPhoneがリカバリーモードになった時の対処法

iOS 11のアップデートでiPhoneがリカバリーモードになった時の対処法

Louise

はじめに

iPhone7、iPhone6/6s、iPhone5/5sをiOS 11へアップデート中に、Wi-Fiとの接続が切れたり、本体或いはパソコンの電源が切れたことなどの原因で、更新を失敗してiPhoneがリカバリーモードになってどうしても動かなくなります。この場合は、どのようにiPhoneのリカバリーモードを解除できます。

本ページは、3つの方法でiOS 11のアップデート中にiPhone/iPad/iPod touchをリカバリーモードから脱出する方法をご紹介します。

3つの方法でiPhoneをリカバリーモードから脱出する

1.iPhoneを3回以上強制起動する

電源ボタンとホームボタンを10秒以上、Appleログが出るまで長押し続けます。一回でiPhoneが再起動されなかったら、もう一度試してみてください。

iPhoneを3回以上再起動する

iOS11 アップデート iPhone リカバリーモード―対策1

2.iPhoneを「アップデート」してリカバリーモードを解除する

iTunesは最新のバージョンであるかを確認してください。

手順1:リカバリーモードに陥ったiPhone/iPad/iPod touchをパソコンに接続 >iTunesを起動します

手順2:iTunesで「アップデートまた復元必要としている〇〇iPhone…」画面が出たら、「アップデート」を選択します。

iPhoneをアップデートする

iOS11 アップデート iPhone リカバリーモード―対策2

依然としてダメなら、3番目の方法を試してください。

3.iPhoneを「復元」してリカバリーモードから脱出する

iPhone/iPad/iPod touchに「iTunesに接続する」画面が表示される場合、まず、iTunesは最新のバージョンであるかを確認します。

手順1:iPhone/iPad/iPod touchをPCに接続 >iTunesを起動します。

手順2:「アップデート」と「復元」の選択画面で「復元」を選びます。

iPhoneを復元する

iOS11 アップデート iPhone リカバリーモード―対策3

iTunesバックアップがある場合、iTunesバックアップから復元を実行します。

最後に

今回は、iOS 11へアップデートする中に、iPhone/iPad/iPod touchがリカバリーモードになった時の対処法です。デバイスがリカバリーモードに陥った原因が様々ですが、以上の方法で対処すれば、少なくともお役に立てると思います。

おすすめ記事:

iPhoneの動作が重い?14つの方法でiOS 11端末を高速化する

【iOS 11】iPhoneの日付と時刻の表示が間違う

「iOS 11」アップデートの不具合と対処法まとめ【随時更新】

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事