ホーム > Tips> iCloud> iPhoneのデータをiCloudと同期する方法

iPhoneのデータをiCloudと同期する方法

Cindy

はじめに

iPhone/iPad/iPodでiCloudに「連絡先」、「写真」、「メール」などの項目をオンにすると、同じなApple IDを登録して、同期したデータが各デバイスで閲覧できます。iCloud.comにサイインすると、同期したデータを確認できます。

次は、iPhoneのデータをiCloudと同期する方法についてご紹介します。非常に簡単なので、一目でも分かるようになります。

iPhoneのデータをiCloudと同期するには

iPhoneのデータをiCloudと同期するには、まずApple IDとネットワークが必要です。以下の手順は、iOS 10.3.2を例として説明します。

ステップ1:iPhoneで「設定」アプリを起動 >Apple IDユーザー名をタップします。

iPhoneで「設定」アプリを起動 >Apple IDユーザー名をタップする

iPhone iCloud 同期-ステップ1

ステップ2:「iCloud」を選択します。

iCloud」を選択する

iPhone iCloud 同期-ステップ2

ステップ3:同期したい項目を「オン」にします。

同期したい項目を「オン」にする

iPhone iCloud 同期-ステップ3

iOS 9以降の場合は、「設定」アプリ >「iCloud」 >iCloudと同期したい項目を「オン」にします。

最後に

iPhone/iPad/iPodの連絡先、写真、ファイル、メールなどのデータをiCloudと同期すると、1つのApple IDで登録する祭、同期したデータはすべてのデバイスで更新されます。個人的には、とても便利な機能と思います。

おすすめ記事:

iCloudのストレージがいっぱい!!4つの方法から

簡単!iCloudメールが受信できない時の対処法 

iCloudバックアップサーバーが障害中、バックアップから復元できない

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事