ホーム > Tips> iCloud> iCloudでバックアップを完了できない原因別の対処法まとめ

iCloudでバックアップを完了できない原因別の対処法まとめ

Louise

はじめに

iCloudで今すぐバックアップを作成しようとすると、突然「最後に行なったバックアップを完了できません」というエラーが出ました。何回やってもiCloudでバックアップを完了できない状態になりました。この場合、イライラしている方は多いようですよね。では、次のガイドでiCloudでバックアップを完了できない時の対処法を紹介します。

iCloudでバックアップを完了できない問題を解決する方法

方法1:Wi-Fiの電波強度をチェックする

Wi-Fiの電波の強弱マークがかなり弱くなっている場合、iCloudでバックアップを完了できない可能性があります。なので、Wi-Fi/機内モードをオフにしてから再度オンにすると、iCloudでバックアップしてみてください。では、次のように操作してください。

手順:デバイスのホーム画面のから「設定」→「WLAN」と進み、電波の強弱マークが強いWi-Fiを選択してください。

電波の強弱マークが強いWi-Fiを選択してください

iCloudでバックアップを完了できない時の対処法1

方法2:iOSデバイスを強制的に再起動する

iPhoneを強制再起動するのは効果的な方法となっています。デバイス本体で何か不具合がある場合、再起動すれば解決できます。

手順:iPhone 6s以前の端末とiPhone 7/7 Plusの強制再起動する方法はそれぞれ違います。次のように操作してください。

・iPhone 6s/6s Plus/SE以前の端末は、ホームボタンとスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を同時に長押しします。

・iPhone 7/7 Plusでは、スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に押します。

iPhone 6s/6s Plus/SE以前の端末は、ホームボタンとスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を同時に長押しします

iCloudでバックアップを完了できない時の対処法2

方法3:十分なiCloudストレージがあるかを確認する

「iCloudストレージの空き容量が不足しています」または「Not Enough Storage」と表示される場合、iCloudでバックアップを完了できないのです。iCloudでバックアップする前に、十分なiCloudストレージがあるかを確認してください。次のように操作してください。

手順:「設定 」→「一般 」→「ストレージとiCloudの使用状況」の順にタップして、ストレージ欄の「使用済み」の容量が、iCLOUD欄の「全ストレージ容量」を超えていないか確認します。

「設定 」→「一般 」→「ストレージとiCloudの使用状況」の順にタップして、ストレージ欄の「使用済み」の容量が、iCLOUD欄の「全ストレージ容量」を超えていないか確認します

iCloudでバックアップを完了できない時の対処法3

おすすめ記事:【iOS 11】iCloudバックアップが削除できない時の対処法

方法4:ネットワーク設定をリセットする

ネットワーク設定をリセットしてからiCloudでバックアップを完了できない問題はほぼ直します。以下の手順で対処してください。

手順:「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」という順でタップしてください。またWi-Fiのネットワークを選択し、セキュリティーキーを入力して、Wi-Fiを使ってみましょう。またiCloudでバックアップしてみましょう。

「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」という順でタップしてください

iCloudでバックアップを完了できない時の対処法4

方法5:iCloudからサインアウトして再度サインインする

長い間にiCloudをサインインしない場合、不具合が出るはずです。では、次のようにiCloudからサインアウトして再度サインインしましょう。以下の手順を行ってください。

手順:「設定」→「iCloud」と進んで行き、一番下にある「サインアウト」をタップしてください。その後「iPhoneから削除」をタップします。また再びiCloudにサインインし、「設定 」→「iCloud 」→「バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」からバックアップを取ります。

「設定」→「iCloud」と進んで行き、一番下にある「サインアウト」をタップしてください。その後「iPhoneから削除」をタップします

iCloudでバックアップを完了できない時の対処法5

方法6:既存のiCloudのバックアップを削除する

iCloudストレージの空き容量が不足している場合、iCloudでバックアップを完了できないのは当然です。そこで、既存のiCloudのバックアップを削除するのは有効な方法と思います。以下の該当する手順を進めてください。

手順:ホーム画面から、「設定 」→「 iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」の順にタップして、現在のデバイスを選択します。読み込みが完了したら一番下にある「バックアップを削除」をタップし、「オフにして削除」を選択してください。

ホーム画面から、「設定 」→「 iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」の順にタップして、現在のデバイスを選択します

iCloudでバックアップを完了できない時の対処法6

おすすめ記事:iCloudでバックアップされるデータを確認する方法

最後に

以上、iCloudでバックアップを完了できない時の対処法まとめです。おすすめの方法、ぜひ試してください。このガイドはお役に立ったら、TwitterやFacebookにシェアをお願いします。

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事