ホーム > Tips> Apple Watch> 知って使って便利!Apple Watch Series 1/2/3の活用法まとめ

知って使って便利!Apple Watch Series 1/2/3の活用法まとめ

Cindy

はじめに

本日、Apple Watch Series 3が発売されました。今回のApple Watch Series 3は、GPSとCellularが搭載され、Apple Watch単体で使える機能が多いです。Apple Watch を手に入れた後、どのように普段の生活に活用するのかに迷いた方はいるのでしょう。

実は、Apple Watchでできることがかなり多いです。一番注目されているのは、健康管理機能です。そのほか、Suicaを使って電車や地下鉄に乗ったり、iPhoneのカメラをリモートしたりなどのことができます。ここでは、普段の生活/仕事によく活用している機能について説明します。知っていると生活また仕事にごく便利です。

Apple Watchを活用する10個の方法

Apple Watch のすべての機能を利用するには、ペアリングされたiPhone 上で Wi-Fi と Bluetooth を有効にする必要があります。下記では、Apple Watchを使いこなす方法をご紹介します。

目次

◆1.Apple WatchでSiriを使う                 ◆ 6.Apple Watchで音楽を聴く

◆2.Apple Watchで有酸素運動を行う      ◆7.iPhoneのカメラをリモートする

◆3.Apple Watchでメッセージの送受信     ◆8.スクリーンショットを撮る

◆4.Apple Watchでデジタルタッチを送る    ◆9.Apple Watchの通知をまとめて消す

◆5.Apple Watchで通話する                ◆10.Apple Watchで電車や地下鉄に乗る

1.Apple WatchでSiriを使う

Apple Watchでメッセージの送信、電話の発信また道案内など、Siriが様々な作業をこなしてくれます。また、今回のApple Watch Series 3ではSiriが話せるようになります。ここでは、Apple WatchでSiriの設定と使い方を説明します。

1)Siriを設定するには:Apple Watchで「設定」 >「一般」 >「Siri」の順でタップ、「Siri」をオンにします。

Siriを有効にする

Apple Watch 1/2/3を活用する-1

2)Siriを使うには:2つの方法があります。1つは、デジタルクラウンを長押して、「ご用件はなんでしょうか」画面が表示されると、要件を話して、デジタルクラウンを話します。もう1つは、手首を上げて、「Hey Siri」と話しかけ、用件を話します。

デジタルクラウンを長押す

Apple Watch 1/2/3を活用する-2

2.Apple Watchで有酸素運動を行う

普段、運動を習慣的に行う方にとって、Apple Watchは非常に役立ちます。Apple Watchで「ワークアウト」アプリを活用して、iPhoneを身につけなくても、Apple Watch単体で消費カロリー、運動時間、心拍数を計測することができます。運動を始める前に、運動時間、タイプ、距離など具体的なゴールを設定するだけで、計測を開始できます。

1)ワークアウトを始める方法1:Siriに尋ねます。「Hey Siri、30 分のランニングを開始」のように言います。

2)ワークアウトを始める方法2:「ワークアウト」アプリを開く >タイプを選択して目標値を設定する >開始」をタップします。

ワークアウトを始める

Apple Watch 1/2/3を活用する-3

ヒント: ヨガ、筋力トレーニング、ダンスなどは「その他」を使用します。

3.Apple Watchでメッセージの送受信

iPhoneに届いたメッセージがApple Watchで確認また返信できます。ほか。Apple WatchからSiriで音声入力また定型文でメッセージも送ります。

1)Apple Watchで返信するには:デジタルクラウンを回してメッセージの最後までスクロールしてから、返信方法を選択します。

メッセージに返信する

Apple Watch 1/2/3を活用する-4

2)Apple Watchで返信するには:「メッセージ」アプリを開いてチャットリストを強く押してから、「新規メッセージ」をタップします。「連絡先を追加」をタップして、連絡先や音声入力、送受信履歴から送信先を選択します。音声入力、定型文などでメッセージを作成し、「送信」をタップします。

メッセージを送る

Apple Watch 1/2/3を活用する-5

目次へ↑↑↑

4.Apple Watchでデジタルタッチを送る

Apple Watchでデジタルタッチを使うと、自分のハートビードやキスを友達のApple WatchまたiPhone(iOS 10 以降を搭載する)に送ることができます。

やり方:メッセージの末尾までスクロールして、描画キャンバスを開きます。

1)ハートビートを送る方法:2本の指を画面に押し当てて、画面に心臓の鼓動がアニメーション表示され、指を放すと友達に送ります。

ハートビートを送る

Apple Watch 1/2/3を活用する-6

2)キスを送る方法:画面を2本指で 1 回以上タップします。タップをやめると送信されます。

キスを送る

Apple Watch 1/2/3を活用する-7

5.Apple Watchで通話する

今回のApple Watch Series 3 Cellularモデルは、iPhoneを使わなくても、Apple Watch単体で電話をすることができす。iPhoneに電話が着信すると、Apple Watchにも表示されます。iPhoneがカバンにおいても手首への振動で分かります。Apple Watchに着信が来ると、Apple Watch の画面を上スワイプするか、デジタルクラウンを回すか「iPhoneで応答」を選択できます。また、着信音を鳴って欲しくない場合、手で時計を覆うだけで音が止まされます。

1)電話を応答する場合:着信が来ると、腕を上げるまたは緑アイコンをタップすると、電話が開始されます。

電話を応答する

写真元 :news.mynavi Apple Watch 1/2/3を活用するる-8

2)電話を発信する場合:ホーム画面で「電話」アプリ >「連絡先」の順でタップし、電話にしたい連絡先を選択して「発信」アイコンをタップします。iPhoneを身につけなくても、Apple Watch Series 3(Cellularモデル)から発信できます。

電話を発信する

写真元:simpleguide Apple Watch 1/2/3を活用する-9

6.Apple Watchで音楽を聴く

音楽を聴くのは、2つの方法があります。1つが、iPhoneで再生する曲をApple watchでコントロールするのです。もう1つはiPhoneからプレイリストをApple watchと同期してBluetoothヘッドフォン・イヤホンを使って、 Apple Watch Series 1/2/3から音楽を楽しめます。

1)iPhoneから音楽を再生する方法:「ミュージック」アプリをタップ、上にスクロールしてiPhone を選択します。下にスクロールしてiPhoneにあるプレイリストを聴かれます。

iPhoneから音楽を再生する

Apple Watch 1/2/3を活用する-10

2)Apple watchから音楽を再生する方法:Bluetoothヘッドフォンを使って、Apple watch「ミュージック」アプリを起動、上にスクロールし、Apple Watchをソースとして選択します。下にスクロールして、プレイリストから曲を再生できます。

Apple watchから音楽を再生する

Apple Watch 1/2/3を活用する-11


ヒント:一般的に、Apple Watchのプレイリストデフォルトは1 GB に限られているが、iPhoneの「Apple Watch」アプリを使って、2 GB、500 MBなどに変更できます。

目次へ↑↑↑

7.Apple WatchでiPhoneのカメラをリモートする

Apple Watchの「リモートカメラ」はBluetoothを通じてiPhoneのカメラをコントロールできます。写真を確認しながらシャッターを押せます。自撮りや記念撮影などには適用です。だた、撮影する時iPhoneを固定しておく必要があります。

Step1:iPhoneを固定して、「リモートカメラ」を起動します。

Step2:Apple Watchで写真をプレビューして、シャッターをタップします。また、撮った写真はサムネイルで確認できます。

iPhoneのカメラをリモートする

Apple Watch 1/2/3を活用する-12

8.Apple Watchのスクリーンショットを撮る

Apple WatchはiPhoneと同じ、スクリーンショットを撮れます。

Step:デジタルクラウンとサイドボタンを同時に押して、シャッター音がすると同時に背面が振動して、スクリーンショットが撮されます。

スクリーンショットを撮る

Apple Watch 1/2/3を活用する-13


撮ったスクリーンショットがApple WatchとペアリングしているiPhoneに保存されます。

9.Apple Watchの通知をまとめて消す

iPhoneに届いた通知はApple Watchで確認できますが、沢山積み重ねたら、一々確認するのは面倒臭いですね。実は、Apple Watchの通知を一括削除できます。以下のように操作しましょう。

Step1:通知を表示 >通知の一覧を強く押します。

通知の一覧を強く押す

写真元:ゴリミー Apple Watch 1/2/3を活用する-14

Step2:「すべてを消去」をタップします。すると、Apple Watchに溜まった通知が一括削除されます。

「すべてを消去」をタップする

Apple Watch 1/2/3を活用する-15

10.Apple Watchで電車や地下鉄に乗る

Apple Watch Series 2/3では、Apple Payが搭載されているから、Apple Watchで手軽に料金の支払いやSuicaを使って公共交通機関の利用が可能です。Apple Watchで電車や地下鉄、バスに乗るには、まずiPhoneにSuicaアプリをダウンロードする必要があります。それで、Suicaを新規で作成し、あらかじめ登録したApple Payで入金します。すると、Apple Watchに残額が転送できます。

Apple Watchで電車や地下鉄に乗る

Apple Watch 1/2/3を活用する-15

ご注意:

1.Apple PayでSuicaを使うには、日本国内で販売されたiPhone 7以降、または Apple Watch Series 2/3が必要です。

2.iPhone とApple Watch Series 2/3で同じSuicaを利用することはできないので、iPhoneとApple Watchの両方にSuicaを登録したい場合は2枚のSuicaカードが必要です。

目次へ↑↑↑

最後に

以上は、Apple Watch Series 1/2/3を活用する方法についての説明です。ここでは、普段よく使われている機能だけ紹介するが、少しでもお役に立つと思います。Apple Watchを入手した後、どのように活用するかに迷った方は、ぜひ参考してください。

おすすめ記事:

Apple Watchの使い方一覧

Apple Watch、38mmと42mmどっちを選ぶ?

 Apple Watch Series 3って何ができる?12個の機能をまとめ

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事