ホーム > Tips> iOS 11> iOS 11でiPhoneのSafariが重い・遅い・落ちるバグの対処法

iOS 11でiPhoneのSafariが重い・遅い・落ちるバグの対処法

Louise

はじめに

ここ最近、Safari落ちる・重い・遅い報告が相次いでいます。特にiOS 11へアップデートしてから、Safariの動作が遅いのでしょうか?これはSafariで検索しようとしてもすぐ閉じてしまうんです。iPhoneのSafariがたまに強制終了するのはちょっと大変だと思います。iOS 11でSafariが遅い・落ちる・重いなどの不具合が出る場合、以下のいくつかの対処法を試してくださいね。

iOS 11でiPhoneのSafariが落ちる・重い・遅い場合の対処法まとめ

目次

1.「Safari検索候補」をオフにする
2.「検索エンジンの候補」をオフにする
3.「コンテンツブロッカー」をオフにする
4.閲覧履歴を消去する
5.Cookieを消去する
6.起動中のアプリを終了する
7.不要なアプリをアンインストールする
8.最新バージョンのソフトウェアにアップデートする
9.iOSデバイスを強制的に再起動する

iPhoneで動画を観ようとするとSafariが落ちるのはなぜですか?実はこれらの問題は、Safari 機能拡張、インターネットプラグイン、またはほかのアドオンが原因で起きることがあります。以下の解決方法で対処してください。

方法1:「Safari検索候補」をオフにする

手順:iPhoneのホーム画面で、「設定」→「Safari」の順にタップします。「Safari検索候補」をオフにしてください。

方法2:「検索エンジンの候補」をオフにする

手順:iPhoneのホーム画面で、「設定」→「Safari」の順にタップします。「検索エンジンの候補」をオフにしてください。

方法3:「コンテンツブロッカー」をオフにする

手順:iPhoneのホーム画面で、「設定」→「Safari」の順にタップします。「コンテンツブロッカー」をオフにします

方法4:閲覧履歴を消去する

手順:iPhoneのホーム画面で、「設定」→「Safari」の順にタップします。「履歴とWebサイトデータを消去」を選択します。

方法5:Cookieを消去する

手順:iPhoneのホーム画面で、「設定」→「Safari」→「詳細」→「Webサイトデータ」→「編集」の順に選択し、不要なWebサイトデータを削除してください。

方法6:起動中のアプリを終了する

手順:iPhoneのホームボタンをダブルタップして、バックグラウンドで起動中のアプリを完全に終了することができます。使ってないアプリを上方向にスワイプすればOKです。

方法7:不要なアプリをアンインストールする

手順:iPhoneのホーム画面で、「設定」→「一般」→「ストレージ」の順番から不要なアプリをアンインストールしてください。

方法8:最新バージョンのソフトウェアにアップデートする

手順:デバイスのホーム画面から、「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順に選択し、最新バージョンにアップデートします。

方法9:iOSデバイスを強制的に再起動する

iPhoneの各端末の強制再起動する方法は以下のようになります。

◆iPhone Xでは、スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に押します。実はiPhone 7/7 Plusの再起動する方法と同じです。

◆iPhone 6s/6s Plus/SE以前の端末は、ホームボタンとスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を同時に長押しします。

◆iPhone 7/7 Plusでは、スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に押します。

◆iPhone 8/8 Plusでは、「音量を上げる」ボタンを押してすぐ放して、「音量を下げる」ボタンを押してすぐ放して、Appleログが表示されるまで「サイド」ボタンを押し続けます。

お見逃しなく:

1 これで大丈夫!iPhoneの通話不具合を解決する対処法

2 簡単!!iOS 11でiPhoneの録画機能のやり方と設定方法

3 Safariの履歴を残さずにサイトを!

最後に

以上はiOS 11でiPhoneのSafariが落ちる・重い・遅い場合の解決策ですが、参考になれば幸いです!この記事が気に入ったら「いいね!」しよう、シエアして頂けると励みになります。

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事