ホーム > Tips> iCloud> iCloudで迷惑メールを拒否する設定と対策

iCloudで迷惑メールを拒否する設定と対策

Cindy

はじめに

iCloudメールに迷惑メール(スパム)が届くことがあります。iCloudは、ほとんどの迷惑メールが自動的に検出可能です。1通の迷惑メールも届かないと言えないが、検出できない場合は、適切な処理やiCloudメールで設定によって、スパムの量を大幅に減らせます。次は、iCloudでの迷惑メール設定や、対策について解説しておきます。

1、iCloudメールで設定によって、直接に「ゴミ箱」に送る

iCloudメールの「ルール」で設定すると、メールがルールによって、自動的に整理できます。迷惑メールを直接「ゴミ箱」に送く設定は、以下のステップを参考してください。

ステップ1:iCloud.comでサイイン >「メール」をクリックする

iCloud.comで「メール」をクリックする

iCloud 迷惑メール-対策

ステップ2:サイドバーの「設定」をクリックする >「ルール」をクリックする

設定で「ルール」を選択する

iCloud 迷惑メール-対策

ステップ3:ルールを追加する >「ゴミ箱へ移動」を選択する

「ゴミ箱」へ移動を設定する

iCloud 迷惑メール-対策

ステップ4:「からのメッセージの場合」で自分の状況によって選択する >「終了」をクリックする

自分の場合によって、設定する

iCloud 迷惑メール-対策

2、迷惑メールらしいメールは開かない

迷惑メールだと思うメールを開くと、送信者は、送ったメールがアクティブなアカウントで開かれたと分かりました。そうすると、スパムを招くかもしれません。ですから、そのようなメールを開く前に削除する方が良いです。

迷惑メールの送信者は、メールノ画像読み込み機能を使って、送信先ノメールアカウントが有効かどうかか判断できます。次は、画像が自動的に読み込まない設定をご紹介します。

ステップ1:iCloud.comでサイイン >「メール」をクリックする >サイドバーの「設定」をクリックする >「環境設定」をクリック

「設定」で「環境設定」を選択する

iCloud 迷惑メール-対策

ステップ2:「一般」で「HTMLメッセージにイメージを読み込む」を解除する >「終了」を選択する

「一般」で「HTMLメッセージにイメージを読み込む」を解除する

iCloud 迷惑メール-対策

最後に

以上は、iCloudで迷惑メールを拒否する設定と対策のまとめです。iCloud迷惑メールにウイルスや詐欺されないように、予め設定にしよう。もし、このガイドはお役に立てば、TwitterやFacebookでシェアしてお願いします!

おすすめ記事:

iCloudでバックアップできないときの対処法

iCloudの写真をPCに保存する方法

YouTubeメッセージを送受信する方法

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事