ホーム > Tips> iTunes> エラーが出てきて、iTunesでバックアップできない場合

エラーが出てきて、iTunesでバックアップできない場合

Tan

はじめに

iTunesでバックアップする時に、以下の症状に遭いましたか?そして、iTunesでデバイスをバックアップできなくなりましたか?

その時には、どうしたらいいですか?このガイドは、iTunesでバックアップできない時の対処法をご紹介します。どうぞご参考ください。

iTunesでバックアップできない時の対策

方法1:PCとiOSデバイスを再起動する

何かエラーが起きた時、再起動は万能です。iTunesでバックアップできない時には、PCとiOSデバイスを再起動してください。

方法2:iTunesのバージョンを最新にアップデートする

iTunesがふるすぎて、バグがたくさんあり、エラーが出やすいのでiTunesでバックアップできません。iTunesを最新のバージョンにアップデートしてください。

iTunesを更新する方法:

iTunesを起動 > iTunesメニューバーの「ヘルプ」をクリック > 「更新プログラムを確認」をクリック >  新しいバージョンのiTunesをダウンロードしてインストールします。

iTunesでバックアップできない - iTunesを更新する

iTunesでバックアップできない – iTunesを更新する

方法3:PCの容量不足かを確認する

iTunesでバックアップできないことは、PCの容量不足が原因かもしれません。容量不足の時には、不要なデータを削除してください。

方法4:セキュリティソフトを一時的に禁止する

他社製のセキュリティソフトが原因で、iTunes から Apple のサーバやデバイスに接続できなくなって、iTunesでバックアップできない場合もあります。その時には、他社製のセキュリティソフトを一時的に禁止してください。

最後に

iTunesでバックアップできないには、これで解決したはずだと思います。皆さんに少し役を立てられましたら幸いです。もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

見逃せない記事:

復活できる!iTunesから曲が消えてしまった時の対処法

4つの方法で解決!iTunes がアップデートできない

iTunes Storeにサインインできない

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事