ホーム > Tips> Mac> 【徹底分析】MacとWindowsの比較!

【徹底分析】MacとWindowsの比較!

Louise

はじめに

パソコンを購入するとき、Macにしようか、それどもWindowsにしようかと迷う人がさぞいるでしょう。Macはアップル社の製品で、Windowsはマイクロソフト社の製品です。確かにMacとWindowsの戦いはもうずいぶん昔からのものでした。それで、MacとWindowsを比較すると、それぞれメリットとデメリットはなんですか。ここでは、MacとWindowsの比較を詳しく紹介します。

MacとWindowsの比較

1.デザインの違い

Macの方がどのモデルも本体のほとんどがアルミ合金製で、金属の塊をくりぬく切削加工で作られている。そして、選択できる機種が限られています。Windowsの方が製造メーカーが多くて、デザインは機種によって違います。もちろん、Windowsの方が選択肢もより多いです。

デザインの違い

MacとWindowsの比較1
写真元:www.youtube.com

お見逃しなく:14コア18コアiMac Proは、2018年に出荷!

2.Macの方が一般的に高い

Windowsが高いのも、安いのもありますが、MacとWindowsを比較すると、Macは一般的にWindowsより高価です。

3.Macはカスタマーサービスに優れている

Macがエラーやトラブルが起きた場合に、近くのApple storeに持ち込むことができます。しかも通常は無料です。Windowsは専門のサポートデスクが少なくで、様々な小売店に持って行くしかありません。そして、製造メーカーが様々ですから、Windows PCが壊れたら、製造元に送り返さなければならない場合が多いです。

Macはカスタマーサービスに優れている

MacとWindowsの比較2
写真元:bgr.com

おすすめ記事:Apple Storeの発展歴史、世界中で492店舗を持つ!

4.Macの方がより安全

全体的に言えば、Macのユーザ数が少ないため、ウイルスのターゲットになる可能性も低いです。Windowsがユーザ数が多くて、ウイルスに感染されやすいです。

5.Windowsはゲーマーの間で大人気

ゲーマーはグラフィックカード、CPU、メモリに拘っていますから、Windowsのカスタマイズが様々な要求を満足してくれます。

それだけではなく、最も重要なのは、Windows PC向けのゲームがMacが敵わない程多種多様です。

Windowsはゲーマーの間で大人気

MacとWindowsの比較3
写真元:weekly.ascii.jp

おすすめ記事:The Game Awards 2017で受賞したゲームまとめ

6.OSが違って見える 

Mac OSは見た目がシンプルで、デスクトップ、使う頻度が高いアプリにアクセスするためのドックやタスクバーだけです。

Windows 10では、良い感じで動作でき、従来のデスクトップとタブレットモードを切り替えることができます。

関連記事:来年、AppleはiOSとMacのアプリケーションを統合するかも

7.ショートカットが違う

MacとWindowsはショートカットが違っていますので、機種変更の方は必ず注意してください。

Windows 10では、Windowsキーとプリントスクリーンキーを押してスクリーンショットを取れます、トリミングするにはペイントのような別のアプリを立ち上げる必要がある。でも、トリミングするには必ずほかのアプリが必要となります。

Macの場合は、Command+Shift+4で、デスクトップの任意の場所のスクリーンショットを取ることができます。

8.キーボードが違う

19mmでストロークの深いキーボードが打ちやすいとされていますが、キーの使いやすさはやはり人によって異なりますね。

Macは機種が違っても、キーボードがほぼ同じで、Windowsは機種によって、キーボードの配列やデザインなどが様々です。また、同じメーカでもデスクトップ、タブレット、ノートと携帯で異なるデザインや配列のキーボードになるのが普通です。

キーボードが違う

MacとWindowsの比較4
写真元:monosukiblog.com

おすすめ記事:Macでキーボードが反応しない場合

9.操作性の違い

MacとWindowsを比較すると、その操作性の違いを見逃してはいけません。Windowsでは一般ウェブページをスクロールして、マウスホイールを動かします。そして、2本指を下に移動して、直感的な操作もできます。

10.対応できるソフトウェアの数

対応できるソフトウェアと聞いたら、Windows向けのものが一番ですね。特にOfficeソフトウェアのようなビジネス用に開発されたソフトウェアです。Macの場合は対応した純正アプリやその替りとなるソフトでカバーすることになります。

でも、Officeのソフトに関しては、Macにも純正なソフトがあり、Officeソフトウェア自体もMacに対応するものがあります。また、Windowsで作成したOfficeファイルの互換性があるので、WordファイルやExcelファイルの閲覧や、PowerPointを使った講義資料やプレゼン資料の作成などが簡単です。

11.連携機能の有無

iPhoneを持っている場合は、iPhoneとMacの連携機能で、Macと最高のチームになりますね。同じApple IDを利用して、データのバックアップ、同期、共有などが簡単です。今まで、Windowsはその機能を搭載していません。

連携機能の有無

MacとWindowsの比較5

関連記事:

無料で簡単!iPhoneからMacへ音楽を同期するやり方

iPhone&PCの写真をiCloudと同期する方法

最後に

以上はMacとWindowsの比較です。いかがですか。MacとWindowsはいろいろな面で区別があり、それぞれメリットとデメリットがあります。どちらを買おうかはやはり自分のニーズによって決めたほうがいいと思います。最後読んでくれてありがとうございました。もしこの記事に共感を持ったら、「いいね」または「シェア」をお願いします。

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事