ホーム > > Tips> MacからWindowsに変えたい?その理由、感想、データの移行を見てみよう

MacからWindowsに変えたい?その理由、感想、データの移行を見てみよう

Hemei 2017年12月28日 16時31分

はじめに

長時間Macを使ってきましたが、この間、MacからWindowsに変えることにしました。それで、一ヶ月ぐらいWindowsを使ってきて、感想がいろいろありました。この記事でMacからWindowsに変えた理由・感想・データ交換について詳しく説明します。

MacからWindowsに変えました

MacからWindows1
写真元:gadgetlife2ch.blomaga.jp

MacからWindowsに変えた理由

1.Macが重い・遅い

Macのシャットダウンは確かに速いですが、起動時間が遅いです。そして、起動してからの動作も遅いです。時にはイライラしてしまいました。でも、Windowsの動作はいい評判を受けたそうですから、MacからWindowsにしました。

おすすめ記事:

誰でもすぐ出来る!Macの起動が遅くなった時の対処法

Macが快適に使える!Macの動作が遅い時の対処法

2.仕事の原因

仕事でほとんどWindowsを使っているので、Windowsのスキルを上げたいと思って、MacからWindowsに変えました。特にショートカットの使い方について、MacとWindowsは全く違いますので、Windowsのショートカットをもっと上手に使いたいです。そして、仕事用のソフトウェアはWindows向けのものが多いです。

3.Windowsの方がコスパがいい

Windowsはカスタマイズができて、多種多様なニーズに満足できます。Macが性能が高いですが、高性能なWindows PCをより低い値段で買えますから、得ですね。

お見逃しなく:ASUS新型Windows 10 ARMノートブックリーク:Snapdragon835プロセッサ搭載!4GB RAM

MacからWindowsに変えた感想

1.Windowsとスマホのデータ交換が楽

Macを利用するときに、データ交換を行いたい時は、iTunesとかのアプリを介さないとできませんでした。でも、Windowsを使い始めて、USBケーブルさえあれば、データ交換が簡単にできます。

2.使ううちに慣れた

もう長年Macを使いましたから、最初にWindowsに変えたときはなかなか慣れませんでした。OSが大きな差がありますし、ショートカットも全く変わりましたし、Macにまた変えようとかも考えました。でも、使ううちにだんだん慣れてきました。動作が早くて、意外に使いやすく感じます。そして、Windowsキー+矢印でウインドウを画面の半分によせたり、最大化、最小化ができたり、Windowsキー+数字でアプリが立ち上げることができ、便利で気に入ります。

おすすめ記事:【徹底分析】MacとWindowsの比較!

MacからWindowsのデータ交換

MacからWindowsに変えたら、やはり一番面倒なのはデータ交換ですね。ここでは、MacからWindowsへのデータ交換について、詳しく説明します。

Part 1:MacからWindowsのファイルの違い

1.ファイル名の長さ

Windowsの場合はファイル名は半角255文字まで、Macは半角31文字までですから、MacとWindowsのデータ交換の時にファイル名の付け方に是非注意してください。

2.ソフトの交換

MacからWindowsにソフトを交換、共有のとき、そのソフトがWindowsに適用かどうかを確認する必要があります。Mac用のソフトをWindowsに、またはWindows用のソフトをMacに利用できないのは普通です。

3.アプリのバージョン

MacからWindowsへアプリを交換・共有の時、アプリバージョンが異な場合に、共有が不可能です。必ずバージョンを変更してください。

4.拡張子の表示

Windowsは拡張子によってファイルの種類を判断します。ファイルをダブルクリックと、対応のアプリが自動的に開き、とても便利です。それも拡張子が必要となる原因の1つですね。でも、Macの場合は拡張子は必ず必要ではありません。ただし、MacからWindowsにファイルを共有するときに拡張子を付けたほうがいいと思います。

拡張子の図

MacからWindows2
写真元:www.sicnet.co.jp

Part 2:MacからWindowsへファイル交換

1.メールによるデータ交換

MacからWindowsにケータを交換したい場合は、交換したいデータをメールに添付して送信することで簡単にできます。

2.CD-Rによるデータ交換

MacからWindowsに転送したいなら、転送のデータをCD-Rに書き込んで、それからWindowsに読むという方法があります。ただし、Windows用またはMacとWindows兼用のCD-Rを使ってください。

3.MacでSMBを使用してファイルやフォルダを共有

最後に

以上はMacからWindowsに変えた理由・感想・データ交換の経験などです。いかがですか。別にMacとWindowsのどちらが優れていると議論するつもりがありませんが、パソコンの購入に少しでも参考になると思います。お役に立てれば幸いです。

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事