ホーム > Tips> Apple Watch> Apple WatchをiPhoneとペアリングできない時の対策

Apple WatchをiPhoneとペアリングできない時の対策

Cindy

はじめに

Apple Watchの機能を使うには、iPhoneとペアリングする必要があります。しかし、Apple WatchをiPhoneとペアリングしようとする際にどうしてもペアリングできないのです。または、iPhoneとのペアリングが外れています。iPhoneのBluetoothもWi-Fiも接続しているなのに、この場合はどうしたら良いでしょうか?

Apple WatchをiPhoneとペアリングできない時の対策

Apple Watch ペアリングできない

Apple WatchをiPhoneとペアリングできない

Apple Watchとペアリングするには

・iPhone 5s 以降のデバイスが必要( (Apple Watch Series 3 (GPS) 以前のモデル)

iPhone 6以降のデバイスが必要(Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular))

・iPhoneでBluetoothを有効にする

・iPhoneをネットワークと接続する

もし、以上の手順を済ませておくと、下記の5つの方法を試してみてください。

1.Apple Watchを再起動する

Step1:「サイド」ボタン押して、Apple Watchの画面に「電源オフ」が出るまで放します。「電源オフ」を選択します。

電源をオフにする

Apple WatchをiPhoneとペアリングできない-対策1

Step2:Apple Watchの電源が切れたら、「サイド」ボタンをもう一度、Apple ロゴが出るまで押し続けます。

ヒント:Apple Watchを強制再起動するには、「サイド」ボタンと「 Digital Crown」を同時に10秒以上押し続けます。

2.iPhoneのBluetoothを一度オフにする

Apple Watchを再起動してダメだと、iPhoneでBluetoothを一度オフにして、しばらく経って再びオンにしてください。そして、Apple WatchをiPhoneに近付けてください。

Bluetoothを一度オフにする

Apple WatchをiPhoneとペアリングできない-対策2

3.iPhoneを再起動する

Bluetoothを再接続してもダメなら、iPhoneを再起動してみてください。それでもできないと、最後の手段として、Apple Watchを初期化にして再度ペアリングするしかないのです。

4.Apple Watchをリセットする

もし、以上の方法でも解決できないと、Apple Watchをリセットするしかないのです。

Step1:Apple Watchで「設定」 >「一般」  >「リセット」 >「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。パスコードを設定している場合、パスコードを入力するのが必要です。

Apple Watchをリセットする

写真元:ipodwave Apple WatchをiPhoneとペアリングできない-対策4

Step2:Apple Watchをリセットしたら、iPhoneと再度ペアリングしてみてください。ペアリングしてから、バックアップからApple Watchを復元すればいいです。

おすすめ記事:Apple WatchとiPhoneをペアリングする方法

5.Appleサポートに問い合わせる

Apple Watchをリセットしても、まだペアリングできない場合は、Appleサポートにお問い合わせください。

最後に

以上は、Apple WatchとiPhoneをペアリングできないときの対処法についての説明です。iPhoneとのペアリングができないと、通知などが受け取れないし、アクティビティのデータなどはiPhoneに送られなくなります。本当に不便です。お困りの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ記事:

Apple Watchって何ができる?-機能まとめ

Apple Watchは38mmと42mm、どっち?

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事