ホーム > Tips> Windows> Adobe Flashがクラッシュした原因と対策

Adobe Flashがクラッシュした原因と対策

Louise

はじめに

最近、何かの攻撃のため、Google ChromeでAdobe Flash Playerがよくフリーズ、クラッシュしました。「Adobe Flashプラグインがクラッシュしました 」と表示され、Adobe Flashが予期せずに終了しました。動画などを見ている時、Adobe Flashプラグインが突然クラッシュしたのは本当に困っていますね。では、Adobe Flashプラグインがクラッシュした原因と対策はなんでようか?

Adobe Flashがクラッシュした

Adobe Flashがクラッシュした

Adobe Flashがクラッシュした原因と対策

1.Adobe Flashがクラッシュした原因

Google ChromeでAdobe Flashを使って動画を見るとき、突然にクラッシュ下原因は、パソコンに2つのバージョンのFlash Playerがインストールされていると考えられます。2つのFlash Playerはお互いに移動し、突然のクラッシュを引き起こします。

2.対策

2つのFlash Playerが搭載されている場合、1つのFlashプラグインをオフにする必要があります。或いは、2つのFlashプラグインをアンインストールして、公式サイトから再ダウンロードします。

対策1 1つのFlash Playerをオフにする

Step1:Chromeのアドレスバーから「chrome:// plugins」と入力するだけで、プラグインのページが表示されます。

Step2:Adobe Flash Playerのリストで、名前の横に2つのファイルが見つけられます。

Step3:ブラウザウィンドウ右上のDetailsリンクを選択します。すると、いくつかの「.dll」ファイルが一覧表示されます。

Step4:1つのファイルは「Appdata」フォルダに保存され、もう1つのファイルは「Windows」フォルダに保存されています。いずれのファイルを選択するだけでいいのです。すると、1つのFlashプラグインがオフにされます。

対策2 公式サイトからAdobe Flashを再ダウンロードする

もう1つの対策は、既にインストールしているAdobe Flashプラグインをすべてアンインストールして、公式サイトからAdobe Flashプラグインを再ダウンロードしてインストールします。その方法でも、Adobe Flashプラグインがクラッシュした問題が解決できます。

最後に

以上は、Adobe Flashプラグインがクラッシュした原因と対策です。Adobe Flashが応対なし、クラッシュしたら、パソコンにインストールしているFlashプラグインを1つにしてください。それでもダメなら、すべてのFlashプラグインをアンインストールして公式から改めてダウンロードしてください。

おすすめ記事:

iPhoneをアクティベートできない

iPhoneでYouTubeのメッセージを受け取る方法

iPhoneでアプリをダウンロードできない時の対策

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事