ホーム > ニュース> Windows> Windows 7にアップデート失敗するエラー80248015は発生、システム時間を変えて解決できる!

Windows 7にアップデート失敗するエラー80248015は発生、システム時間を変えて解決できる!

Kyon 2017年12月05日 16時19分

昨日から一部のWindows 7ユーザーの間にWindows 7アップデートに失敗するエラー80248015は発生しています。また、Windowsはアップデートを検索不能などのエラーや不具合も出できたようです。ここは、その原因を突き止め、手早い解決策を提示します。

Windows 7アップデートに失敗するエラー80248015

Windows 7アップデートに失敗するエラー80248015

Windows 7アップデートに失敗するエラー80248015

Windows 7アップデートに失敗するエラー80248015

Windows 7にアップデート失敗するエラー

Windows 7ユーザーは「Windows Update」を動作すると、「Windows Update cannot currently check for updates because the service is not running. You may need to restart your computer.(現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります。)」のようなメッセージが示します。

Windows 7にアップデート失敗するエラーが発生する原因

メディアComputerworldによれば、今回のWindows 7アップデートエラー80248015はWindows 7ライセンス権限が時間切れで、マイクロソフトがライセンス権限の期間を延長するのを忘れたからだという原因です。

Windows 7にアップデート失敗するエラーの解決策

一番手早い解決策としては、システム時間を2017年3月12日以前の時間と設置することです。設置完了する後、また「Windows Update」を起動して、アップデートを行います。

マイクロソフトからの声明はまだのようですが、Windows 7のライセンスは2020年まだと保証されたため、それまでアップデートを受けるはずです。

Source:ithome

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事