ホーム > ニュース> Android> 50%のAndroidデバイスがWPA2脆弱性に影響される

50%のAndroidデバイスがWPA2脆弱性に影響される

Kyon 2017年10月17日 17時44分

最近、WPA2スタンダードKRACK脆弱性とどのようにKRACKバグを利用してデバイスを攻撃することを実演する研究チームはAndroid 6.0以降のモバイルデバイスのWAP2バグ及び攻撃方式を公開しました。

50%のAndroidユーザーはWPA2脆弱性に遭遇

写真元:cnBeta

Android Developer Dashboardから見ると、約50%のデバイスがWAP2バグに影響されました。また、Androidデバイス以外、Linuxデバイスも同じセキュリティ問題に直面しています。確かに、wpa_supplicantアプリはKRACK攻撃を幇助して、ハッカーが直接にユーザーのワイヤレス通信を迎撃でき、ネットワークのWPA2パスワードを知る必要がなくなります。

このクライアントに基づいてアタックはWPAスタンダード中の「handshake」コンポーネントの欠陥を利用します。それはデバイスとワイヤレスネットワークの妥当性を確認する暗号化鍵です。

また、wpa_supplicantアプリケーションをインストールと、Androidデバイス中の暗号化鍵が削除され、ハッカーが簡単にデバイスのネットワークデータにハッキングすることができるようになります。ここで言及されたデータはアカウントパスワード、cookie及び他の個人情報データが含まれています。

今、マイクロソフトはWPA2バグに対して、先週からパッチをリリースしてバグを修正しました。Lineage OS のAndroid ROMコード列中もこの攻撃を抵抗するコードを追加しました。GoogleもすぐにAndroidパッチをリリースすると考えられます。

Source:Neowin

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事