ホーム > ニュース> iPad> iPadを値下げ販売しているのに、市場に対して遅かった!

iPadを値下げ販売しているのに、市場に対して遅かった!

Kyon 2017年03月24日 11時46分
9.7インチiPad

写真元:Apple

近年、iPadのセールスは本当に落ち込んでいます。Apple CEOとしているTim Cookはタブレットの先行きは明るいと見通しますが、今、iPadのセールスを救うために、何かする時期に至っています。

確かに、AppleはiPadを値下げ販売しました。

3月21日、AppleはApple Storeのメンテナンスを機会にして、新しいiPadをリリースしました。新iPadは簡単に「iPadと呼ばれて、値段は以前のiPadより、安いです。日本で37,800円だけから販売です。

しかし、この値下げは遅かったと思っています。実は、現在、iPadのセールスはとてもまずいと見られました。この時の値下げは販売状況を更に深刻にさせるかもしれません。

値下げの原因について

初めに、iOS 10のリリースは40%のiPadは廃止されたと示しました。それは巨大な数量です。それらのユーザーはアップデートに期待していますが、今まで、そんな兆候は現れません。

それから、アメリカのK-12市場では、Appleのシェアが失ったそうです(関連記事がある)。情報によれば、たくさんの学校はiPadの代わりに、ChromeBookを採用しています。原因の一つは価格だそうです。もう一つの原因はChromeBookはもっと便利に管理できます。

ですから、Appleは値下げ販売方法をとって、他のタブレットメーカーにストレスをかけます。市場では、Appleは値下げにした途端に、二度と値上がりすることはできなくなったことを知っていますが、今のところに至って、そんなにせざるを得ません。

今度の値下げが遅かった?なぜ?

近年、iPad及びiPhoneのセールス

写真元:ZDnet

まずは、Appleの解決手段は遅かったです。最初、2012年末から2013年初、iPadのセールスは緩慢成長と見られました。2014年から、下落することは現れました。しかし、最近まで、Appleはその下落の原因の一つとしての価格を調整することにします。

しかし、値下げによって、iPadの販売を向上させるには足りないと考えられます。

iPadには新しいものはありません!それに、Appleは5.5インチディスプレイ搭載のiPhone 6 Plusをリリースすると、ユーザーがiPadの需要量は少なくなることに直面します。

他に、今のAppleはできる限り1000ドルの十周年記念のiPhone 8を宣伝して、iPadの販売下落を埋め合わせるようと試みます。

iPadの先行きは明るいですか?明るくないかもしれませんね。

Source:ZDnet

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事