ホーム > ニュース> iOS> iOS 11、リリース後1ヶ月で「ARアプリ/ゲーム」の人気まとめ

iOS 11、リリース後1ヶ月で「ARアプリ/ゲーム」の人気まとめ

Kyon 2017年10月16日 15時52分

市場研究機関Sensor Towerの最新報告によると、2017年9月19日から、Appleの最新のARKit技術で作ったアプリ(略称:ARKitアプリ)は全世界で300万回以上にダンロードされました。その中で、手遊びARKitアプリのインストール率は35%に達しました。

ARKitアプリのインストール率

写真元:ithome

例えば、育成ゲーム の「AR Dragon」、シューティングゲームの「Zombie Gunship Revenant」、競技ゲームの「Pigeon Panic! AR」と「AR Runner」などです。

AR Dragon

プレイヤーは、このドラゴンに名前をつかてあげたり、餌をあげて訓練をしたり、遊んであげたりすることができます。また、ドラゴンは任意の現実世界の平面に立つことができ、他は「Pokemon Go」の遊び方とほぼ同じです。他に、猫の育成ゲームの「miaow」アプリもあります。

AR Dragon

写真元:ithome

Zombie Gunship Revenant

このゲームはARで小さな基地を表示して、その基地をゾンビから守るシューティングゲームです。大事なのは無料のゲームで、iPhone SEとiPhone 6sでもスムーズに遊びべます。武器のアップグレードのシステムも搭載されており、かなりのやりこみ要素もあります。しかも従来のコインを買う課金システムもあるため、時間がない人でも強力な武器を入手することができます。完成度が高く、ゾンビゲームでありながらグロテスクな要素はないため、誰でも楽しめるゲームです。

Zombie Gunship Revenant

写真元:ithome

AR Runner

「AR Runner」は現実世界に映し出されたチェックポイントを素早く通り抜けていく、ARスポーツゲームです。チェックポイントを跨って新しい記録をゲットし、世界中の他のプレイヤーと競争し、 屋内外でプレイできます。また、「AR Runner」はプレイヤーに豊富なゲームモードを提供しました。例えば、フィールドには、4つのフィールドサイズと6つのフィールドシェープを提供し、プレイヤーは環境とスキルに合わせて異なるフィールドサイズと形状を選択できます。他に、ノーマル、30秒ラッシュ、敵、壁ドンなどのゲームモードがあります。

AR Runner

写真元:ithome

手遊びARKitアプリ以外には、IKEA(イケア)の「IKEA Place」と「AR MeasureKit」はフリー版リーダーボードの第1位と第2位にあります。

フリー版リーダーボード

写真元:ithome

IKEA Place

自宅でIKEAの家具を配置して、サイズなどや色などを確かめられます。

iPhone/iPad本体を水平にして、iSightカメラを床に向けて計測させたあとに画面中央下の「+」をタップして好きな家具を選択します。

家具は浮いた状態で表示されるので、家具を指で動かして位置決めしたあと、家具をタップすると床に配置可能です。

左上に家具の名前と価格が表示され、それをタップすると、IKEAオンライン ストアにある実際の商品情報に飛べるようになっていまう。

「IKEA Place」はゲームだと言えますが、人気はかなり高いです。

AR MeasureKit

AR MeasureKitはその名が示す通りに、ARKitを使って身の回りの現実世界の寸法を測ることができ、多目的測定ツールであるアプリです。ただし、 物差し機能以外には、有料です。

AR MeasureKit

写真元:ithome

Dr.WIFI AR

このアプリは、WiFiを検索するツールです。伝統的なWiFiアプリと違い、Dr.WIFI ARはAR技術を利用し、家の中で各位置のWiFi信号を視覚化し、素晴らしい視覚効果を提供しています。

Dr.WIFI AR

写真元:ithome

Source:ithome

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事