ホーム > ニュース> Windows> PC BIOS時代はIntelの手によって終了!

PC BIOS時代はIntelの手によって終了!

Kyon 2017年11月27日 16時55分
X86チップセット

X86チップセット

Intelは既に2020年の前にPC BIOSプログラムを切り捨てると計画しています。その後、全面的にUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)仕様をサポートする予定です。

UEFI

UEFI

BIOS(Basic Input Output System)については、1981年にIBMがリリースした初PCからBIOSがPCの重要な一部でした。BIOSはファームウェアの一つとして、コンピュータに搭載されたプログラムのうち、ハードウェアとの最も低レベルの入出力を行うためのプログラムです。BIOSに関す詳しい情報はウィキペディアへご移動ください。実際、PC BIOSは、2010年からUnified Extensible Firmware Interface (UEFI) に向けての移行の途上にありました。

BIOS

BIOS

Intelは2020までにBIOSを切り捨てUEFIへ移行するために、最初の手として2011年にSandy Bridgeチップセットをリリースしました。今になって、ほとんどのX86システムもBIOSではなくUEFIを対応しています。

この先では、X86チップセットは32ビット、64ビットチップをリリースし、16ビット技術に対応しなくなります。それで、完全にBIOSをUEFIから削除します。

技術の革新は不可避ですが、あまりの早さと嘆いてしまうものですね。

Source:ithome

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事