ホーム > ニュース> Android> iPhone Xを始め、3D感知技術は2018年新型スマートフォンから流行

iPhone Xを始め、3D感知技術は2018年新型スマートフォンから流行

Kyon 2017年12月19日 12時58分

サプライチェーンからの情報では、2018年、3D感知技術は指紋認証技術を代わりに、主流なスマートフォン認証方法となると言われています。知名なスマホメーカー、Huawei、XiaomiなどのAndroidスマホも3D感知センサーを搭載するかもしれません。

iPhone Xの3D感知技術はFace ID以外、AR拡張現実に応用

情報提供者によれば、中国スマホメーカーVivoは指紋認証センサーを持続採用すると確定される以外、ほとんどの中国スマホブランドは指紋認証センサー搭載のモデルを発売する予定を取消しました。

iPhone XのTrueDepth-3D感知技術

写真元:cnbeta

しかし、目前、Appleに匹敵できる3D感知技術がまだ開発されていないそうです。ですから、彼らは他の大手企業から3D感知モジュール/部品を購入するほかがないです。

KGI、2018年6.1インチLCD iPhoneの出荷量は45%を占める

目前、クアルコムはHimax Technologies、Truly Opto-electronicsと協力して、Androidスマホメーカーに3D感知センサーを提供しようとします。

さらに、情報では、OPPOとXiaoはクアルコムなどと3D感知センサーに関する契約を結びました。

AppleのiPhone Xを始め、Androidデバイスは先を競って3D感知技術を搭載します。しかし、KGIのMing-Chi Kuo氏はAppleのTrueDepthカメラ技術はAndroidより2年間を勝ち越します。

Appleは3D センシングテク開発でクアルコムを約2年先導

開発者はiPhone XのTrueDepthカメラによって、眉で操作するゲームをリリース

Source:cnBeta

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事