ホーム > ニュース> iOS> Microsoft、Visual StudioでiOS 11向けにアプリを開発可能

Microsoft、Visual StudioでiOS 11向けにアプリを開発可能

Kyon 2017年09月27日 13時16分

情報により、近日、Microsoftは公式ブログで「現在、Visual StudioとXamarinはApple iOS 11向けにアプリの開発をサポートしています。」と公開しました。

Microsoft Visual Studio,iOS 11

写真元:ithome

上記の図には、Visual Studioを利用して、iOS 11にプログラムコードを編集とデバッグするインターフェイスを顕示られています。アナログモデルはiPhone X、OSはiOS 11だと分かります。

Visual Studioでは、Xamarinを通して「C#」と「F#」を使い、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch及びApple TV用のアプリを開発できます。現在、MicrosoftはVisual Studioを同時にWindowsとmacOSのプラットフォーム向けに提供しています。また、Visual Studio for Macには、Xcode 9へのサポートを提供しています。

最新のVisual Studioを利用し、iOS 11向けのアプリを開発すると、ユーザーは自分のアプリに機械学習機能と拡張現実機能を追加できます。

Source:ithome

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事