ホーム > ニュース> タブレット> マイクロソフトは折り畳むWindows 10 ARMデバイスを開発中!噂のSurface Phone?

マイクロソフトは折り畳むWindows 10 ARMデバイスを開発中!噂のSurface Phone?

Kyon 2017年10月27日 12時10分
折り畳むWindows 10 ARMデバイス

写真元: cnbeta

マイクロソフトの最高経営責任者サティア・ナデラ(Satya Nadella)氏及び管理役の数人は同社がこの数ヶ月間に新型「Windows 10 ARM」モバイルデバイスの開発に注力していると表示しました。また、新しい情報によれば、マイクロソフトは折り畳むWindows 10 ARMデバイスを開発中で、噂のSurface Phoneを示唆しています。

折り畳むWindows 10 ARMデバイス

写真元: cnbeta

最近、マイクロソフトは数件の特許を提出しました。中には、マイクロソフトの時期モバイルデバイスはディスプレイが折りたためるスマートフォンだと噂されてきましたが、確かの証拠もありませんでした。そして、メディアWindows Centralの最新報道によれば、マイクロソフトは折り畳むWindows 10 ARMタブレットを開発しているそうです。

このWindows 10 ARMタブレットはコードネームが「Andromeda」で、Windows 10によって変転された独自システムで動作します。また、Windows CentralのZac Bowdenの説明によれば、Windows Coreシステムとマイクロソフトが開発したComposable Windows 10 Shell(CShell)プロトタイプで推測すれば、モバイルと携帯機能を有するそうで、噂のSurface Phoneになる可能性が高いです。

また、マイクロソフトの折り畳むWindows 10 ARMデバイスは新型Snapdragonプロセッサのリリースと伴って登場するなら、いつ発表されるかも大体想像つけます。つまり、来年に登場する可能性が高いと推測されています。

Source:cnbeta

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事