ホーム > ニュース> Mac> テンキー付きのMagic Keyboardの出荷遅延は新型iMac Proの登場時期を示唆

テンキー付きのMagic Keyboardの出荷遅延は新型iMac Proの登場時期を示唆

Kyon 2017年11月08日 11時09分
Magic Keyboard

Magic Keyboard

オンラインストアを通じて注文するとMagic Keyboardを手に入れる前に長い間待ち構える必要があります。

オンラインApple Storeのテンキーパッドが付いたMagic Keyboardの製品ページには、4〜5週間以内に出荷されることが記載されています。 AppleInsiderのテストでは、米国の店頭で購入できるキーボードのすべての言語のバリエーションについて、出荷のリードタイムが同じであることが判明しました。

英国、ドイツ、フランス、スウェーデン、メキシコ、日本などの市場を網羅したオンラインのApple Storeでも同様の状況が続き、4週間から5週間の期間が同じです。

特に、余分なテンキーのないMagic Keyboardは影響を受けていないようです。キーパッドレスモデルの配送時間は、市場や選択された言語に応じて、出荷までに数日か数週間かかります。

テンキーパッドが付いたMagic Keyboardがなぜこのような長い出荷遅延を持ち、なぜこのバージョンであるのかは不明です。 Appleはリフレッシュが到着したときに製品を発送することがありますが、6月のWWDC 2017でAppleがキーパッド搭載モデルを導入したため、典型的な製品サイクルでは早すぎてハードウェアを大幅に変更することはできません。

12月の出荷時期は、年末までに予定されているiMac Proのリリースと関係があります。 Wireless Keyboard、Magic Mouse 2、Magic Trackpad 2アクセサリのスペースグレー版は、シャーシの色に合わせてiMac Proと一緒に販売されます。

また、MacBook Proで使用されるタッチバーを、デスクトップMacで使用される周辺機器に追加する可能性もあります。 4月には、標準的なキーボードのすぐ上に位置する同様のタッチ対応スクリーンを使用する「適応型入力行付きキーボード」の特許出願が明らかになりました。

キーボードアクセサリにタッチバーを導入する可能性はありますが、Appleにとっては、小さなキーパッドのアップデートの一環としてタッチバーをテンキーパッドの代わりにより大きいモデルを提供する可能性が高いようです。

Source:appleinsider

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事