ホーム > ニュース> iPhone> iPhone X注文が40%減少?サプライヤー、Appleからの通知がない

iPhone X注文が40%減少?サプライヤー、Appleからの通知がない

Kyon 2017年12月26日 11時47分

12月25日、iPhone Xの売れ行きが予期に及ばないので、Apple社は2018年第1四半期の出荷量を5000万台から3000万台に引き下げるようにして、フォックスコンの鄭州工場は全面的にiPhone Xの生産を中止したと噂されいます。

iPhone X量産延期

写真元:Apple

この噂で、昨日Appleの40個以上の概念株中、2個が増えた以外、他の株価が5%以上値下げしました。それに、記者がLens TechnologyとAnjie Technologyに電話をかけて、iPhone Xが2018年の出荷量について質問しましたが、両方は今まで2018年の注文が引き下がた情報が受信していないと回答しました。

iPhone 8/Xの日間販売量は判明できるかも!一日60万台

「Face ID」はiPhone Xユーザーが最も気に入っている機能

Lens社とAnjie社は現在に計画どおりに生産していると報告しています。しかし、一部の証券研究員はAppleが2018年の注文を引き下げることは事実ですが、調整の台数が噂より少ないと指摘しました。

確かに、中国、日本など少数の市場で、iPhone Xの売れ行きがよい以外、アメリカ、台湾などの地区で、iPhone Xの販売台数が予期より少ないと言われています。

iPhone Xの発売は中国人の機種変更欲望を喚起か?

Source:cnBeta

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事