ホーム > ニュース> iPhone> iPhone Xで、Appleがスマホ市場でのシェアが大幅に下げた

iPhone Xで、Appleがスマホ市場でのシェアが大幅に下げた

Kyon 2017年12月06日 17時13分

市場調査会社Kantar Worldpanel ComTechが公開した情報では、10月末までに、ユーザーがiPhone Xを購入できないので、当四半期iPhoneがスマホ市場でシェアが下げました。それに対して、GoogleのAndroidスマホ販売量は新しい記録を作りました。

iPhone X

写真元:ifeng

レポートで、米国iPhoneのシェアは32.9%に下げ、前年同期は約40.6%のシェアを占めていました。さらに、日本や欧州一部の市場でも、iOS市場シェア下げの現象が示します。

それで、Androidスマホのシェアが増加していました。

おすすめ記事:

iPhone XはiPhone発売十周年の記念モデルとして、11月03日までに発売されます。さらに、9月22日に発売されるiPhone 8・iPhone 8 Plusの販売量は不振で、10月末に、Androidが米国での市場シェアは66.2%に増加しました。日本、ドイツなどの国家で、iOSのシェアも減少しました。

ほかに、中国市場では、iPhoneのシェアは0.5%の増加が見られ、17.4%になりました。Androidのシェアが82.3%にさげたそうです。

Source:iFeng

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事