ホーム > ニュース> Apple> 現在、古いiPhoneのバッテリー交換はわずか29ドル

現在、古いiPhoneのバッテリー交換はわずか29ドル

Kyon 2017年12月29日 12時20分

2017年12月28日(現地時間)Appleは公式サイトで公開状を発表して、最近ホットな話題となる古いiPhoneバッテリー性能に関する問題を回答して、Appleは古いiPhoneの寿命を縮めるよりその持ち時間を延長したいと解釈しました。

 

iPhone 7

写真元:Apple

Appleは古いiPhoneバッテリーの性能について、すべてのユーザーに謝りました。そして、2018年年末まで、ユーザーiPhone 6以降のデバイスをAppleへバッテリー交換に行って、費用が79ドルから29ドルになります。さらに、Appleは今後のiOS 11アップデート中、iPhoneのバッテリー健康問題により重視すると承諾します。

Appleは保証期間以外のiPhoneに29ドルのバッテリー交換価格を提供して、以前の79ドルより50ドル安くなります。対象はiPhone 6以降のデバイス。さらに、この活動は2018年12月までに全球範囲向け開催します。

AppleがiPhoneのCPUを遅くする制御訴訟で、賠償金が9990億ドルになるかも

さらに、Appleは2018年初、同社がiOS 11新バージョンをリリースして、ユーザーが自分iPhoneのバッテリーの健康状況をはっきりと了解する機能を追加すると言いました。それで、ユーザーはバッテリーがどのようにデバイスの性能を影響するとわかります。

さらに、Appleはバッテリーが消耗品として、毎回の使用はその寿命を損耗し、老化したバッテリーがiPhoneの動作を重くさせると指摘します。

最近、古いiPhoneのユーザーがAppleを起訴する情報が報じられました。また、Appleが9990億ドルを賠償する可能性があるそうです。

Source:9to5Mac

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事