ホーム > ニュース> Apple> 多分、これはiPhone 8延期になる原因かも

多分、これはiPhone 8延期になる原因かも

Yara 2017年07月07日 16時34分

iPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plusが10nmのA11チップのおかげで、今まで最高速のiPhoneとなります。実は、また他の部品が新型iPhoneに不可欠で、その部分はAppleはiPhone 8を延期させざるを得ません。

iPhone 8フラッシュチップが不足

写真元:: iFixit

AppleはiOSデバイスのストレージパフォーマンスにとても重視して、iPhoneやiPadのフラッシュメモリを管理する専用のコントローラを開発しました。最新報道によれば、AppleはiPhone 7とiPhone 7 Plusによりよりストレージを追加する予定があるそうです。

iPhone 8は複雑な部品が製造に難しいので、延期になる可能性があります。それらの複雑な部品は新しいOLEDディスプレイ、3Dセンサーが含まれています。Digitimesによれば、目前、AppleはNANDの問題を扱うために、Samsungに新しい注文を追加しました。

SK Hynixと東芝はiPhone 8に3D NANDチップを供給するサプライヤーですが、2つの会社も量産の方で問題に遭遇しました。レポートでは、2017年、iPhone 8のNANDモジュールの供給量は30%にも足りないと指摘されました。

それに対して、Samsungの3D NANDチップの産能は落ち着いている以外、またストレージ製品の生産規模が拡大されました。

Digitimesによれば、Samsung、東芝、Micronは 「64-layer 3D NAND」フラッシュメモリ製品に移行して、SK Hynixは「72-layer 3D NAND」に移行しているそうです。しかし、iPhone 8とiPhone 7sには、64-layerもしくは48-layerのフラッシュメモリが搭載されるかどうかは判明できません。

他に、今年Appleはそんなに多いフラッシュチップを注文したことは他のスマートフォンメーカーの出荷量に影響を与える可能性があります。

Source:BGR

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事