ホーム > ニュース> Apple> iPhone 8向けの新型AirPods:ステータスランプの位置が変更

iPhone 8向けの新型AirPods:ステータスランプの位置が変更

Kyon 2017年09月11日 11時31分

デベロッパーSteve T-S(@stroughtonsmith)は最近に流出したiOS 11 GMから、新型のAirPodsワイヤレスヘッドフォンのコンセプトを発見しました。他に、彼はiOS 11 GMファームウェアのコード列で、「iPhone 8/iPhone X」の写真がないと指摘しましたが、LTE版のApple Watch(Series 3)と新型AirPodsがあるそうです。

ざっと見ると、新型AirPodsは旧式のAirPodsとほぼ同じですね。ホワイト外観、ケースの内側にAirPodsを収納するように2つの空間があります。現行のAirPodsケースとAirPodsとよく似ています。しかし、現行のAirPodsのステータスランプがAirPodsを収納する2つの空間の中間にあります。新型AirPodsの画像によると、ステータスランプがケースの前面に移行したそうです。

新型AirPods

新型AirPods

Steve T-S氏によれば、AirPodsをケースに入れると、ステータスランプが充電状態を示します。それに、この新型AirPodsのGIF画像から見ると、AirPodsのケースが薄くなります。

新型AirPodsは9月12日に、iPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plus、Apple Watch及びApple TVと同時に発表されるかどうかまだわかりません。

オススメ:9月12日発表のiPhone 8/iPhone Xのスペックについて

Source:iFeng

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事