ホーム > ニュース> iPhone> お持ちの「iPhone 7」が発熱しているか?

お持ちの「iPhone 7」が発熱しているか?

Kyon 2017年08月30日 15時56分

近年、スマートフォンの機能がますます多くなると伴って、デバイスの発熱問題も大きくなります。今度、iPhone 7の発熱問題について説明します。

iPhone 7発熱している

写真元:Zhihu

iPhone 7発熱の原因

iPhone 7、iPhone 7 PlusがiPhone 6、iPhone 5などの端末と比べて、素晴らしい位防沫耐水性能がありますから、iPhone 7、iPhone 7 PlusがそれらのiPhoneより放熱機能が弱いので、発熱しやすいです。実は、最初、防水機能搭載のXperiaなどのデバイスが使用中ひどく熱くなることもあります。防沫耐水性能のために、Appleはデバイス内部の部品をよりよく密閉させているので、iPhoneの放熱機能が下がりました。ですから、防沫耐水性能搭載のiPhone 7/7 Plusが前身より発熱しやすいです。

iPhone 7発熱している場合、使い続けるか

iPhone 7が発熱している時、すぐに使用停止したほうがいいです。今まで、iPhone 7、iPhone 7 Plus爆発の事件が少ないですが、リチウム電池が発熱して爆発する恐れがあります。ただし、一般的に、iPhone 7が発熱中、持続に使用すれば、端末の動作が遅くなって、アプリケーションがフリーズになって、さらに、電量が急減する可能性があります。

iPhone 7/7Plusが発熱する問題に対して、対処法は

iPhone 7/7 Plusがひどく発熱している時は、まずバックグラウンドのアプリケーションを閉じてから、1メートル外に置いてください。一般的に、十分後、iPhone 7が冷たくなります。20分も冷たくならないなら、iPhone 7をシャットダウンして、1メートル外に置いてください。

iPhone 7/7 Plusが耐水性を持っているので、iPhone 7を水に置いて温度を下げるユーザーもいます。しかし、この方法は正しくないです。iPhone 7が耐水性を持っていますが、複数に端末を水に置くと、デバイスの耐水性が壊れる可能性があります。

オススメ記事:iPhone 7s VS iPhone 7、知るべきことすべてをまとめ

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事