ホーム > ニュース> iOS> 「iOSフィッシング詐欺」デモ、Apple IDとパスポートを手軽に入手

「iOSフィッシング詐欺」デモ、Apple IDとパスポートを手軽に入手

Kyon 2017年10月11日 11時44分

ニュースサイトMacRumorsの報道により、海外の開発者であるFelix Krause氏はあるApple iOSフィッシング詐欺の方式を公開しました。この方式を通して、アプリ開発者は「Apple-Style」ポップアップでAppleユーザーのApple IDとパスポートを手軽に入手できます。

iOSフィッシング詐欺

写真元:ithome

AppleユーザーはApp Storeからアプリを購入したり、iCloudサービスにアクセスしたりする時、パスワード認証のポップアップがよく出てきますね。Krauseは「UIAlertController」というツールを通し、そのポップアップのデザインを模擬でき、簡単に「Apple-Style」ポップアップを作成します。

iOSフィッシング詐欺

写真元:ithome

Krauseの話によれば、そのiOSフィッシング詐欺の方式は以前からすでに存在しています。Appleは厳格な審査体制を制定しましたが、Apple IDとパスポートが窃取されることを防止するために、Appleユーザーはもっと注意する必要があります。また、KrauseがAppleユーザーに「直接にアプリの設定中でパスワードを認証する。」というアドバイスを提供しました。

現在、Krauseはすでにこの問題をAppleに報告しました。Appleが早めに有効な対策を立てることを待っております。

Source:ithome

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事