ホーム > ニュース> スマートフォン> AndroidとiOSはスマホ市場を分け、WPシェアは0.3%に下降

AndroidとiOSはスマホ市場を分け、WPシェアは0.3%に下降

Kyon 2017年02月18日 18時34分
Windows Phone

写真元:PCPOP

最初から、Windows 10モバイル/Windows Phoneは市場の少数派の好みです。しかし、最新情報によれば、目前Win10/WPスマホの状況は深刻になりました。Gartner(データ統計と分析の会社である)のデータのから見れば、今、全世界のWindowsオペレーティングシステムのスマホのシェアは0.3%にも達しないそうです。昨年は1.1%に示しました。

AndroidとiOSはスマホ市場を分け、WPシェアは0.3%に下降

写真元:Gartner/PCPOP

今度リリースされたデータはGartnerが2016年第4四半期に対する市場調査の結果です。データによれば、目前、Androidは81.7%の市場シェアを占め、iOS は17.9%を占めます。2015年同期と比べて、iOSのシェアは少し増えました。Windowsは世界第三のオペレーティングシステムなのに、目前は0.3%に下降して、前年同期比、0.8%を減少しました。また、ブラックベリー(Blackberry)の市場シェアはもう疎かにしてもいい程度に下降しました。

昨年、マイクロソフト(Microsoft)は新しいWin10スマートフォンを発表しませんでした。ほかのスマートフォンメーカーがWin10フォンを発売したことがありますが、Win10フォンの市場シェアを維持することは難しいです。AppleのiOS とGoogleのAndroidの優勢な勢力に面して、Microsoftは劣っていました。それにしても、Microsoftはスマートフォン事業を諦める考えはないそうです。情報によれば、今年、Microsoftはビジネスマン向けの高級感があるSurface Phoneをリリースするそうです。Continuum、Windows Helloなどの高級機能が装備され、ビジネスユーザーを通して、今の局面を変えることに期待しています。

Source:PCPOP

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事