ホーム > ニュース> インターネット> IoTとは?モノのインターネットを詳しく説明

IoTとは?モノのインターネットを詳しく説明

Kyon 2017年07月26日 19時31分

IoT(モノのインターネット)とは?

IoT(モノのインターネット)はIT用語の「Internet of thing」で、名称によれば、様々な「モノ」がインターネットに接続られ、新しいネットワークを作ります。モノのインターネットでパソコンだけでなく、携帯、車及び自動販売機などのデバイスもインターネットに接続られ、より多くの情報交換ができます。

IoT(モノのインターネット)の応用

RFID

RFIDとは、英語:Radio Frequency IDentification、、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指します。一般的にICカード(非接触ICカードも)がこのRFID技術が採用されております。例えば、乗車カード、社員証などが含まれています。それらのカードがRFID技術によって、インターネットに接続られ、モノのインターネットの一部となります。

センサーネットワーク

モノのインターネット

センサーネットとはワイヤレスセンサーネットワークで、複数のセンサー付け無線デバイスが異なる場所でお互いに連絡して情報を伝送してネットワークを構成します。日常生活で、省エネルギー管理、健康管理などで応用しています。センサーネットワークはIoTモノのインターネットで使用するコア技術の一つです。

M2M

M2Mは「Machine to Machine」の省略形で、機器の間の通信を意味します。IoTモノのインターネットでM2Mがよく聞かれます。M2MはGSM、3G、LTEなどのワイヤレス通信手段でインターネットによって、機器の間の通信を実現します。

情報化と工業化の融合

情報化と工業化の融合は情報化が工業化を進め、工業化は情報化を促進することです。両化融合と呼ばれてもいいです。

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事