ホーム > ニュース> Mac> 10コアiMac Proモデルの性能テスト:300%上昇!

10コアiMac Proモデルの性能テスト:300%上昇!

Kyon 2017年12月13日 16時00分
10コアiMac Proモデル

10コアiMac Proモデル

さらに2つのiMac Proインプレッションが掲載されました。両方のベンチマークで、iMac Proの処理能力が旧モデルよりも大幅に向上しました。また、WシリーズXeonプロセッサにAVX-512ベクトル処理最適化機能を追加することで、アプリが最適化されます。

Theodoliteの開発者であるCraig Hunterによって火曜日に公開された最初のiMac Proセットは、AppleがYouTubeチャンネルMKBHDに提供したのと同じ設定です。W-2155 Xeonプロセッサが3.0GHz、128GBのRAM、Vega 64 GPU、2TBのフラッシュストレージを搭載しています。

 

10コアiMac Proモデルの性能テスト

10コアiMac Proモデルの性能テスト

空力設計と単一コアの開発で使用された計算流体力学の研究を実施するiMac Proは、128秒でタスクを完了しました。2016年の2.6GHz MacBook Proは175秒でノックアウトし、2013年後半Mac Proには3.5GHzプロセッサは209秒で完了します。

複数のコアでフローシミュレーションを実行すると、iMac Proのパフォーマンス上の優位性が広がります。

Xcodeでは、2016年のMacBook Proと2013年のiMacに比べて、30〜60%のソースファイルが80〜120個のソースファイルに広がっている2万〜3万行のコードのアプリケーションのコンパイル時間が短縮されました。彼は、iOS上にアプリケーションをインストールして起動するときにアプリケーションを完全に展開するのにはまだボトルネックがあると指摘していますが、iMac Proは「コードコンパイルテストの繰り返しでかなりの改善が見られます。

10コアiMac Proモデルの性能テスト

10コアiMac Proモデルの性能テスト

ベクトル化

W-2155はAVX-512をサポートし、iMac Proはより広いベクトルレジスタをサポートする最初のMacです。その結果、同じ命令内の複数の計算に対して、各命令が一度に1つずつ実行される非スカラー計算では大きな効果が得られます。

ハンター氏は、IntelのMath Kernel LibraryはAVX-512に最適化されており、AppleのAccelerate Frameworkも同様に最適化されていると言われています。

Hunter氏は、4.2Ghzクアッドコアi7プロセッサを搭載した2017 iMacと比較して使用すると、iMacのクロック速度が速いため、シングルコア動作ではiMac Proのエッジがはっきりしていることを認識しています。 4つ以上のプロセッサさらに、AVX-512を使用した計算では、iMac Proはパフォーマンスが「逃げる」ことができます。

写真とビデオの編集

ビデオ編集者のVincent LaForetはまた、Appleによる早期テストのためにiMacを与えられ、多かれ少なかれ科学的計算に集中していました。

1つのテストでは10.96 GBの4K、H.264映像がFinal Cut Pro XのProRes 422にトランスコードされていました。iMac Proは4分のiMac 5Kと32GBのRAMを15分でノックアウトして7分56秒で完成しました。

DaVinci Resolveを使用して、RED 8Kヘリウムを1秒間に60フレームで1時間17分間、iRACに2時間6分、iMacで7時間15分でProRes 422にエクスポートしました。

Lightroom Classicでは、LaForetが50.74GBのRAWイメージをインポートし、アプリケーションを1:1のプレビューでビルドしました。 iMac Proは25分26秒で完了し、iMacは50分45秒で2倍の時間を要しました。

BlackMagicのディスク速度テストでは、ドライブが2996MB /秒で書き込み速度が2450MB /秒であることがわかりました。

Source:appleinsider

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事