ホーム > ニュース> Mac> 「Hey Siri」を使用するため、A10 FusionプロセッサはiMac Proに登場?

「Hey Siri」を使用するため、A10 FusionプロセッサはiMac Proに登場?

Kyon 2017年11月20日 11時09分
iMac Pro

iMac Pro

iMac ProにはA10 Fusionプロセッサが搭載され、BridgeOSと呼ばれる独自のiOSを実行していて、一部の機能(「Hey Siri」ともいう)を処理している可能性があります。

開発者Guilherme Rambo氏とStephen Troughton-Smith氏はmacOSを探求しており、macOSが長いユーザー切り替えをサポートしているのと同じように、複数のユーザーアカウントをサポートしてコードベースに 「Hey Siri」機能を発見しました。

アカウントが正しい場合は、ARMコプロセッサがブートプロセス、セキュリティ、およびFaceTimeカメラを引き継ぐかのように見えます。また、A10 Fusionプロセッサを含めると、iMac ProがSiriのアイコンやキーストロークでmacOSのクリックを要求せずに、Siriを促すように音声コマンド 「Hey Siri」を受け入れることができます。

これは、必ずしもSiriが1つのmacOSユーザアカウントにログインしている間に複数のユーザの発言を理解することを意味するものではありません。しかし、ユーザーがMac上で複数のアカウントを持っている場合、それらの間でユーザの切り替えを速くでき、iMac Proに「Hey Siri」を認識させることができるはずです。

この機能がA10 Fusionのようなコプロセッサを他のMacに実装する必要があるかどうかは不明です。

Source:appleinsider

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事