ホーム > ニュース> Google> Google、新しいOS「Fuchsia」は今後で「Swift」言語をサポート

Google、新しいOS「Fuchsia」は今後で「Swift」言語をサポート

Kyon 2017年11月21日 17時56分

情報によれば、Googleは「Fuchsia」という新しいOSを開発しています。「Fuchsia」はAndroid及びChrome OSと関係なく、独立に存在している新しいOSです。

Google、新しいOS「Fuchsia」は今後で「Swift」言語をサポート

写真元:ithome

この「Fuchsia」は主にC/C++のプログラミング言語で作成したのです。その上、「Fuchsia」の中で「Swift」コードを発見したようです。今後、開発者はSwift、Go、Rust、JavaScriptが含まれている各種のプログラミング言語で「Fuchsia」に対応のアプリのコアロジックを作成でき、そして他のプログラミング言語でこれらのアプリにUIを編集します。

情報によると、現在、「SCADE」というクロスプラットフォームのフレームワークがあり、ここで「Swift」言語を使用してiOSやAndroid対応のアプリを作成できます。

ただし、たとえ「Fuchsia」が「Swift」言語をサポートしても、「Swift」言語で開発したiOS対応のアプリを直接に「Fuchsia」に移動できるのではありません。AppleのiOSは閉鎖的であるため、iOS対応のアプリを「Fuchsia」に移動することは不可能です。

現在、「Fuchsia」の発表日はまだ判明できませんので、今後関連報道をし続けております。

Source:ithome

おすすめ記事:

Google、「Pixel Buds」スマートイヤホンを出荷開始!

「バグ」最新記事:Pixel 2 XL、画面の縁が反応しない

Google、来年数億台AndroidデバイスにAR拡張現実機能を実現

Android 8.1、これらの変更点がまだ知らないかも!

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事