ホーム > ニュース> Google> Google DeepMind AIの新技能:居眠り

Google DeepMind AIの新技能:居眠り

Mika 2017年08月11日 17時55分

情報によれば、Googleは人工知能(AI)領域の一番強者だと言っても過言ではありません。Google DeepMind 社のAlphaGoが人間のトップ棋士に勝った際には、全世界を驚かせました。そして現在、この会社はまたAIにもっと人間らしい技能――居眠り(taking a nap)を備えさせました。

最近Googleが発表したブログではこの新しい技能の情報を説明しました。

Google

写真元:cnbeta

常識によって、AIを寝させることは思わない、そもそもAIは人間ではなく、そして人間の代わりに仕事をするのはAIの使命ですから。実はこの新技能はDQN(deep-Q network)アルコリズムの肝心な部分となっています。

AIにも機械学習アルコリズムにも、開発者がやるべきことはそれらに問題を自分で解決する能力を備えさせるのです。

例えば、自動運転車は交通状況を分析してから、路線を決定しなければなりません。データ解析のアルコリズムは情報をグルピングする必要があります。しかしAIは人間と同じような思考方式を持つことが必要だと指摘されました。

Google DeepMind AIの「居眠り」技能というのは、コンピューターがすべてのデータで問題を解決する時でも、「居眠り」(オフライン)の後で保存された情報を利用し、「夢を見ます」。そして再びインラインの後に問題を解決することです。つまり、未来であなたのコンピューターが休止状態にした後、実際には次の指令に準備し始めるかもしれないと報じられています。

Source:cnBeta

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事