ホーム > ニュース> iOS> Forbes社:「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

Forbes社:「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

Mika 2018年01月16日 11時22分

Appleは現地時間1月9日に、公式版の「iOS 11.2.2」を正式にリリースしました。主にSafariとWebKitに対する「Spectre」脆弱性を修正しました。しかし、Forbes社の報道により、今回のソフトアップデートは一部のiPhoneユーザーに大きな影響を受け、iPhoneの性能が最大50%を低下させました。

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

Forbes社の Gordon Kelly氏は「一部のiOS 11.2.2にアップデートしたiPhoneユーザーはスマホの性能が最大50%に低下したことに気づきました。これは主観的な考え方ではなく、ベンチマークスコアによって判断したのです。」とコメントしました。

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

「iOS 11.2.2」は一部のiPhone性能を最大50%低下させ

写真元:macx

他に、Kellyの話によると、開発者であるMelvin Mughalは30回のベンチマークテストを行い、iPhone 6のシングルコアとマルチコアのスコアがそれぞれ41%と39%低下しました。ただし、同開発者は「iOS 11.2.1」ではなく、「iOS 11.1.2」から「iOS 11.2.2」へアップデートしたのです。一方、「iOS 11.2.2」にアップデートしたiPhoneの性能は更に向上させたと反映したユーザーもいます。

Source:macx

おすすめ記事:

「iPhone脱獄」2つのCydiaホストが閉じ、脱獄事業が消えていく

お知らせ!複数のiPhone向けに古いiOSへのダウングレードするルートを開放

Appleは開発者向けに「iOS 11.2.5 beta 4」をリリース

「iOS 11.1.2」脱獄ツールはリリース!

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事