ホーム > ニュース> Mac> Mac mini更新を待ちくたびれ、Appleは2011年中頃のMac mini を「旧モデル」に分類

Mac mini更新を待ちくたびれ、Appleは2011年中頃のMac mini を「旧モデル」に分類

Kyon 2017年12月05日 12時40分
Mac mini

Mac mini

Appleは、2011年中頃のMac miniラインナップを追加するために、「旧モデル」製品の正式なリストを更新し、同社が最も安いMacのために何を計画しているかについて再度疑問を投げかけました。

ヴィンテージと廃止された製品のページは、2011年半ばのMac miniがもはや同社によってサポートされなくなり、サービスと修理がもう提供されなくなったという事実を反映して更新されました。

Appleは、製品が製造されなくなってから5年間、製品の部品とサービスを保証します。その後、カリフォルニアやトルコを除き、法律ではさらに2年間のサポートが必要とされていますが、世界中で時代遅れになっています。

そのため、2011年中頃のMac miniは、米国とトルコではヴィンテージのままですが、他の場所では時代遅れです。

最新のMac miniアップデートは3年以上前、2014年後半にリリースされました。この製品はまれに更新されており、当面は同社のMacラインナップの一部として残っていますが、これまでずっと取り消しに関する投機の対象となっています。

Appleのマーケティング責任者、Phil Schiller氏は、今年初めにMac miniが最終的にはリフレッシュを見せてくれることを示唆しましたが、より具体的な提案はしませんでした。シラーはMac miniを「重要な製品」と名付けました。

AppleはMac miniの未来について何も言及していませんが、2018年に到着すると予想されるモジュラーデザインの全く新しいMac Proを予告しました。

おすすめの記事:

Mac miniは「重要な製品」、アップグレードが有望か

Mac miniは1000日も未更新!

ティムクックの返信は新型Mac miniのリリースを示唆する!

Source:appleinsider

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事