ホーム > ニュース> Apple> Apple Watch Series 3の出荷台数は2018年に2300万〜2500万台に増加する見込み

Apple Watch Series 3の出荷台数は2018年に2300万〜2500万台に増加する見込み

Kyon 2017年12月12日 10時51分
Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3の出荷台数は、来年2018年に20%増して2300万〜2500万台になるとDigiTimes紙によって予測されています。

DigiTimesの筋によれば、先進の半導体エンジニアリング社(RF、Wi-Fi、およびMEMSチップのパッケージングとテスト、iPhoneおよびApple Watch用)は、12月期の業績発表時に新たな記録を打ち立てると見込まれています。ユニバーサル・サイエンティフィック・インダストリー(ASE)のユニバーサル・サイエンティフィック・インダストリーズ(ASE)は、11月にApple Watch Series 3のシステム・イン・パッケージ(SiP)注文のために、月収が前年比23.89%増の4億8281万ドルと見込んでいます。

Appleは定期的にApple Watchを成功と主張してきましたが、これまでのところ正確な数字を共有することは控えています。アナリストや投資家が失望していることを心配するかもしれませんが、成功してもいなくても、Apple WatchはiPhone、iPad、Macよりもはるかに少ない費用を生み出しています。

9月期の連結売上高は32億3,100万ドルで、iPadの48億3,100万ドルを下回りました。

Appleの組立パートナーであるFoxconnのパッケージング・テスト会社ShunSinは、2018年のApple Watchモデルのシステム・イン・パッケージ注文を訴えているそうです。 DigiTimesの関係者は、SiPのパッケージを多様化し、需要に対応するためにパートナーをテストしたいと考えている2019年まで、Appleが受注の変更を真剣に検討するとは考えていないと予測しました。

Source:appleinsider

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事