ホーム > ニュース> Apple> AppleがiPhoneのCPUを遅くする制御訴訟で、賠償金が9990億ドルになるかも

AppleがiPhoneのCPUを遅くする制御訴訟で、賠償金が9990億ドルになるかも

Yara 2017年12月28日 12時57分

最近、AppleがiPhone旧機種の動作を遅くすることでユーザーに訴えられました。最新情報では、複数の団体訴訟で賠償金は総9990億ドルに達する可能性があります。

iPhone6s

写真元: Apple Inc.

12月中旬、サードパーティーPrimate labsの分析によれば、古いiPhoneモデルに性能テストを行う時、Appleが故意に古いiPhoneの性能を制御すると発見し、バッテリー交換してから、iPhoneの動作が早くなる可能性があると指摘しました。

Apple、電池故障を避けるために旧機種iPhoneを遅くさせた

この情報でたくさんのユーザーが不満を喚起して、Apple社が事前にユーザーに通知しないことを理由で、訴訟を起きました。

AppleはiPhoneのCPUを減速することで、ユーザーに起訴

目前、米国連邦裁判所が8件の訴訟を受付しました。海外メディアSoftpediaの予測によれば、Appleが敗訴したら、賠償金が9990億ドルに達する可能性があります。それに対して、目前Apple社の時価総額が9000億ドルです。

ただし、これは賠償金の予測です。最後までに、Appleが失敗するかどうかは分かりません。

Source:sohu

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事