ホーム > ニュース> Apple> Apple、CIAが利用したiOSの脆弱性が修正済み

Apple、CIAが利用したiOSの脆弱性が修正済み

Kyon 2017年03月09日 12時55分
iPhone

写真元:Sina

3月7日(現地時間)WikiLeaksが米国中央情報局(CIA)からの文書を公開して、大きな騒ぎを起こしました。それは8700以上の機密文書です。米政府がiPhoneやAndroid、スマートテレビなどの端末から、ユーザーもデータをバッキングした事実を示しました。

それらの文書によると、CIAがiPhoneをハックするためのzero-day攻撃の知識を持っています。しかし、Appleは声明を発表して、それらのバグが最新のiOSバージョンでは、もう修正したと指摘しました。

WikiLeaks文書にはそれらのバグの詳細が含まれていません。また、CIAはそれらのバグを利用しているかどうかも明らかにしません。もちろん、Appleはどのようにそれらのバグを修正しましたかはまだ不明です。しかし、同社が現地時間3月7日WikiLeaks事件が出た後、Appleは複数のメディアで声明を発表しました。

「Appleはお客様のプライバシーとセキュリティを守ることに尽力しています。今日のiPhoneに組み込まれている技術はユーザーに最高のデータセキュリティを提供して、私達はそのように保つように努めています。同社の製品とソフトウェアは最新のセキュリティアップデートをユーザーの手元に素早く入れるようにデザインされています。目前、約80%のiOSデバイスが最新のバージョンを実行しています。初期の分析では、今日流出した問題の多くが最新のバージョンで既にパッチされていたと示しましたが、特定な脆弱性をすばやく解決する作業を継続します。私たちは最新のiOSバージョンをダウンロードして、最新のセキュリティアップデートをインストールすることを確保するために、常にユーザーに忠告しています。」

実は、Appleは唯一のCIAがクラックしようとしたデバイス、或いは、すでにハックしたデバイスではありません。WikiLeaks文書によると、2016年、CIAはAndroidと特定なデバイスための「Weeping Angel」と呼ばれる攻撃を行いました。対象はSamsungのスマートTVです。そのクラックによって、CIAがこのTVをマイクロフォンとして、対話を記録して、CIAのサーバーに伝送することができます。

3月8日(現地時間)SamsungはBuzzFeedに同社はもうレポートに記載されていることを了解していて、緊急にこの問題を検討していると語りました。

Source:MacWorld

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事