ホーム > ニュース> Apple> 来年、AppleはiOSとMacのアプリケーションを統合するかも

来年、AppleはiOSとMacのアプリケーションを統合するかも

Kyon 2017年12月21日 18時06分

来年から、Appleはデベロッパーがクロスプラットフォームで動作できるアプリケーションによって、iOSとmacOSの統合を行います。

BLOOMBERG最新情報によれば、目前、Appleは開発者が任意なプラットフォームで運行できるアプリを開発させ、iPhone/iPadのタッチ入力とMacのマウス入力サポートを統合するように計画しています。

iMessage不具合.バグ

写真元: appleinsider

報道では、2018年に上記のようなアプリが発表されるように見えます。それなら、来年6月のWWDCでiOSとmacOSでクロスプラットフォームに機能できるアプリケーションがリリースされるかもしれません。それから、9月にiOS 12とmacOS新バージョンが登場します。

Surface Pro 2017/Laptopファームウェアアップデート配信:Windows MRサポート開始

Appleは最初のクロスプラットフォームアプリを開発する会社ではありません。この数年、MicrosoftはデベロッパーがWindows、Windows Phone、Xbox、HoloLens及びSurface Hubで同時に動作できるアプリを開発することを促進していますが、今まで、実現していたアプリが少数です。

今度、iOSではとても巨大なアプリシェアを持っていて、iOSとmacOSでクロスプラットフォームアプリが実現したら、macOSでアプリのアップデートや新しいアプリの開発もより簡単より高速になるかもしれません。

Apple、電池故障を避けるために旧機種iPhoneを遅くさせた

Appleは新年のApple Watchアクティビティチャレンジを開始!2018年スタート!

目前、Appleはどのようにクロスプラットフォームアプリを設計するかはまだ判明できません。これからmacOSはiOSにまねをするか、デベロッパーが二つのアプリを作成するかどうかは分かりませんでした。

Source:The Verge

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事