ホーム > ニュース> iPhone> Appleは2019年新型iPhone向け背面3Dセンサーを開発

Appleは2019年新型iPhone向け背面3Dセンサーを開発

Kyon 2017年11月15日 16時27分

2017年、iPhone Xに前面カメラに3Dセンサー技術が導入されており、AR拡張現実機能を強化させました。海外メデイアBloombergによれば、Appleは2019年新型iPhoneに背面3Dセンサーを開発しているそうです。

iPhone XのTrueDepthカメラ

iPhone XのTrueDepthカメラ

情報では、Appleは他の新しい技術を査定しています。この技術はiPhone XのTrueDepthカメラに採用された技術と違って、背面センサーによってレーザー光の反射を通して3D映像を作成することです。

Kuo氏、Appleは2018年に三つの新型iPhoneをリリース

ほかに、情報提供者はAppleは2019にTrueDepthシステムを新型iPhoneに保留すると指摘しました。つまり、2019年新型iPhoneの前面カメラの背面カメラは同時に3D感知機能が備えられます。

しかし、上記で言及された新しい3D技術はまだテスト中、最後に2019年新型iPhoneに導入させるかどうかはまだ分かりません。

ほかに、Appleはこの情報に対して、コメントを発表していませんでした。

十歳の息子は母親のiPhone X 「Face ID」を騙した

Apple新特許はiPhone 11のリアカメラの広角レンズを示唆

Source:MacX

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事