ホーム > ニュース> iPhone> 気まずい:Apple、初めの顔認証デモが失敗

気まずい:Apple、初めの顔認証デモが失敗

Mika 2017年09月13日 15時18分

Apple新製品発表会で、Phil Schiller(フィリップ・シラー)がiPhone Xの顔認証システム「Face ID」を絶賛した後、Appleのソフト部門の責任者Craig Federighi(クレイグ・フェデリギ)氏がFace IDの操作を実演しました。しかし、初めての顔認証が失敗してしまい、パスコード入力画面がポップアップしました。これはちょっと気まずいことですね。そして、彼が二つ目のiPhone Xを顔認証でロック解除しました。

写真元:theverge

写真元:theverge

この映像をよく見ると、フェデリギ氏のミスではなく、ましてFace IDのエラーでもない、ただ偶然のことです。実は、iPhone Xがリスタートした場合にロックを解除すると、Face IDが動作する前に、パスコードの入力が必要するそうです。これはユーザーの個人情報を守るためです。

iPhone X

写真元:theverge

Source:theverge

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事